団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
帰国

はい、ごきげんよう!!

 

 

おかげさまで、無事帰国しました。

 

 

とりあえず、ホっと一安心です。

 

 

ロシアよりも、だいぶ暑い日本の夏を

 

これから満喫したいと思います。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ロシア遠征 | 21:05 | - | - |
さらばロシア!

はい、ごきげんよう!!

 

 

楽しかったロシアでの日々も

 

いよいよ最後となりました。

 

 

ロシアのことが

 

やっとわかりかけてきたかな、

 

というところで終了というのが

 

残念でなりませんが、

 

続きは、またいずれ!

 

 

世界最大の面積を誇る大国を

 

もっともっと見てみたいと思います。

 

 

ありがとう、ロシア!!

 

さらば!!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ロシア遠征 | 22:02 | - | - |
モスクワの美術館

はい、ごきげんよう!!

 

 

モスクワには、

 

大小、多くの美術館・博物館が

 

あります。

 

 

ロシア美術を専門に収集した、

 

最大の美術館が

 

トレチャコフ美術館。

 

銅像は、創始者のトレチャコフ氏

 

 

ロシア古美術の「イコン」

 

ロシアならではの教会の雰囲気が、たまらなくいい!

 

 

を始め、18世紀以降のロシア絵画が

 

10万点以上も収蔵されています。

 

 

お目当てのレーピンの絵や

 

スリコフ、セローフらの作品に

 

大いに刺激を受けましたね。

 

ユニークな額縁!

 

 

かなり広く、充実してますので、

 

ここだけで1日必要な感じです。

 

 

それと必須なのが、

 

プーシキン美術館。

 

 

本館とヨーロッパコレクション館に

 

分かれていて、全く異なる雰囲気です。

 

 

中でも、ヨーロッパ館は

 

19〜20世紀の西洋美術の名画が

 

充実していることで人気。

 

 

マティスの代表作『金魚』

 

 

を始め、ルノワール、モネ、ゴッホらの傑作が

 

ズラリと並んでいます。

 

 

実は、めちゃくちゃ見たかった

 

ルノワールの絵が、ここにあるので

 

かなり楽しみにしてました。

 

 

また、20時ないしは21時まで開館してるのも

 

とても嬉しいところです。

 

夜のヨーロッパ館の様子

 

 

一方、本館は古典芸術が中心。

 

 

企画展、特別展の一角は、

 

かなり混雑してたのに対し、

 

常設展は、超ガラガラ。

 

 

しかも、予想だにしないほど

 

いい作品が揃っていて

 

じっくり堪能できました。

 

まさか大好きなクロード・ロランがあるとは!!

 

 

レンブラント、ムリーリョ、スルバラン、プッサン、ブーシェらの作品、

 

貴重なナポレオンの肖像画も!

 

 

古典絵画好きな僕としては、

 

とてもトクした気分です。

 

かなりの穴場ですね、ここは。

 

 

ロシアの芸術といえば、

 

サンクトペテルブルクのイメージですが、

 

モスクワも、なかなかのもの。

 

もっといろいろ見てみたくなりました。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 16:51 | - | - |
モスクワ、好きな所

はい、ごきげんよう!!

 

 

モスクワをいろいろ歩いてみて、

 

好きなところがいくつかできました。

 

 

その1つが、

 

トレチャコフ美術館(新館)から

 

モスクワ川沿いに続く道です。

 

 

美術館の周囲は、彫刻公園となっていて

 

ユニークなオブジェがいろいろ。

 

後ろに見えるカラフルなバスは、なんと絵本屋さん!

 

 

川沿いの一角には、

 

アートギャラリーも並んでます。

 

 

 

ベンチも、ユニーク!

 

 

形も長さも面白いです。

 

 

川沿いを進んでいくと、

 

川が二手に分かれるところに遭遇。

 

 

左方に見える金の屋根は

 

モスクワの顔の1つ、救世主キリスト聖堂。

 

 

右方にある黒い長い塔は、

 

ロシアの英雄、ピョートル大帝の記念碑です。

 

 

右の運河を進むと、

 

落ち着いた雰囲気の通りに出ます。

 

 

 

そして、さらに進み、

 

その先にある橋を渡ると、

 

長い高架があり、

 

救世主キリスト聖堂につながっていきます。

 

橋のスレスレのところに座ってる人が数名

 

けっこうスリリング(笑)

 

 

歩いて30分くらいかかりますけど、

 

金色に輝く聖堂がゴールのようで

 

爽快です。

 

 

 

名所、名跡だけではない

 

いろいろなモスクワの魅力に

 

ふれていけたら、と思います。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 17:02 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

再びモスクワへ帰ってきました。

 

 

一度滞在してるせいか、

 

なんとなくホームに戻ってきたような感覚があります。

 

モスクワ駅前の様子

 

 

こちらは陽が出てると暑い時もあるんですが、

 

基本的に寒めです。

 

 

地元の人たちは、薄いダウンジャケットや

 

ジャンパーを着てる人が多いです。

 

 

日本の晩秋から初冬に近い感じですね。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 16:11 | - | - |
世界遺産セルギエフ・ポサード

はい、ごきげんよう!!

 

 

”黄金の環”と呼ばれる

 

ロシアの古都群の1つ、

 

セルギエフ・ポサード。

 

 

静かな田舎町で、

 

地元の人たちの生活が感じられます。

 

地元の市場入口

 

いろんな店が並んでます

 

 

少し町から離れた所に、

 

世界遺産の

 

「トロイツェ・セルギエフ大聖堂」

 

 

があり、世界中から多くの人々がやってきます。

 

 

城壁からして、華やかな雰囲気ですが、

 

入ってみたら、わぉ!

 

 

カラフルで、不思議な建物が並ぶ

 

テーマパークのよう。

 

 

 

観光客だけでなく、

 

礼拝に来る人たちもたくさんいて

 

ますます不思議な雰囲気を醸し出しています。

 

 

主に14〜18世紀に建てられたもので

 

独特の調和感がユニーク。

 

 

聖堂内にあるイコンやフレスコ画も興味深く

 

異国情緒あふれる充実したひとときと

 

なりました。

 

ぜひ、再訪したいですね!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 15:43 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

サンクトペテルブルクを出て、大移動。

 

 

 

「 黄金の環 」

 

と呼ばれるうちの町の1つ、

 

セルギエフ・ポサードに

 

やってきました!

 

 

どんな展開になるのか、楽しみです!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 16:24 | - | - |
ロシア美術館

はい、ごきげんよう!!

 

 

ロシア芸術といえば、

 

エルミタージュ美術館という印象が強いと思いますが、

 

他にも素晴らしい美術館がいくつもあります。

 

 

個人的に、すごく興味を惹かれているのは、

 

ロシア人画家による作品。

 

 

正直、日本では、ほぼ無名と言ってよく、

 

ロシアを出てから有名になった

 

カンディンスキー、シャガールを除いて

 

名前が挙がることは、ほとんどありません。

 

 

しかし、素晴らしい作品が

 

実に多くあるのです。

 

 

優れたロシア絵画ばかりが集まっているのが、

 

ロシア4大美術館の1つ、

 

 

「 ロシア美術館 」

 

 

です。

 

 

エルミタージュ美術館からは、

 

徒歩10分くらいですかね。

 

 

豪華絢爛なエルミタージュとは

 

また違った魅力あふれる

 

落ち着いた雰囲気。

 

 

エルミタージュ美術館にあふれかえっている

 

観光客も、ほとんどいません(笑)

 

 

ロシアの古典宗教画である

 

「イコン」

 

 

から現代アートまで、

 

実に幅広く揃っています。

 

 

ロシア絵画に興味を持ったキッカケは

 

イタリアで、ロシア・イコンの企画展を見たこと。

 

 

イタリアの古典絵画と共通するものを感じるのと同時に、

 

ロシアならではの雰囲気があり、

 

とても心惹かれました。

 

 

今回、本場ロシアで

 

いろいろなイコンを見て回ることが

 

大きなモチベーションになってます。

 

 

また、イコンをきっかけに関心を抱いたロシア絵画も

 

近現代のものも含め、見るほどに

 

興味が高まっています。

 

 

このロシア美術館は、

 

かなりのボリューム!!

 

 

特に、イリヤ・レーピンの作品に

 

圧倒されました。

 

 

独自のドラマ性、生きる力、人生観・・・

 

 

1枚の絵で、どれほど多くのことを伝えられるのか、

 

と驚かされますね。

 

 

この機会に、できる限り多くのロシア絵画に触れ、

 

目を磨いていきたいと思います。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 17:19 | - | - |
水の都サンクトペテルブルク

はい、ごきげんよう!!

 

 

水の都としても知られる

 

サンクトペテルブルク。

 

 

中心となるのは、ネヴァ川です。

 

全長74km。

 

 

朝から晩まで、

 

この川沿いに美しい景色を堪能できます。

 

 

ヴァシリエフスキー島

 

赤い2本の柱は、ロストラの灯台柱。

 

 

ペトロパブロフスク要塞

 

川側から見たエルミタージュ美術館も美しい!

 

 

それと、ネヴァ川沿いではないのですが、

 

水の都的に外せないのが、こちら。

 

 

血の上の救世主教会、

 

と言います。

 

 

名前はちょっと怖いですけど、

 

ご安心ください(笑)

 

 

ヨーロッパ風の建物が多いサンクトペテルブルクにあって

 

珍しくカラフルな玉ねぎ屋根のロシア型。

 

内部も豪華。

 

 

イサク聖堂、エルミタージュ美術館と並んで

 

サンクトペテルブルク3大人気観光地の1つです。

 

 

川辺を歩くのも、楽しい町ですね。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 18:01 | - | - |
ロシア名物

はい、ごきげんよう!!

 

 

皆さんお待ちかね(?)の

 

 

「 ロシア名物 」

 

 

を少しご紹介します。

 

 

まずは、

 

 

ボルシチです。

 

 

ロシア料理で、日本で最も有名かもしれませんね。

 

 

正直、日本で食べたボルシチは

 

あまり美味しかった印象がないんですが、

 

本場のは違いました!

 

毎日食べてます(笑)

 

 

店によって、味や具材も微妙な違いがあり、

 

楽しめます。

 

 

また、ロシアは、スープが豊富なので

 

片っ端から、いろいろ食べてみてるところです。

 

 

続いて、

 

 

ビーフストロガノフ。

 

これも、日本で食べたのとは

 

だいぶ印象が違います。

 

 

日本のはデミグラスソース系ですが、

 

本場はクリームっぽいです。

 

個人的には、本場の方が好みですね。

 

 

そして、

 

 

ピロシキ。

 

 

日本のピロシキは、揚げパンですけど、

 

本場のは違います。

 

もちろん、揚げパンみたいなピロシキも

 

ありますけど、少数派。

 

 

主流のピロシキは、焼いたパンで、形もいろいろ。

 

中に入っている具が、実にバラエティ豊か。

 

ハムチーズのような食事系から

 

リンゴなどの甘いものまで、いろいろあります。

 

 

文字が読めないと、何が入ってるのか

 

全くわかりませんので、

 

くじ引き感覚ですよ(笑)

 

ピロシキも、ほぼ毎日食べてます。

 

 

とりあえず、日本でも有名な3つを

 

ご紹介しました。

 

どれも本場とけっこう違いがあるので

 

面白いですね。

 

 

日本では知られてない名物は、

 

また後日!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ロシア遠征 | 16:25 | - | - |


 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< August 2016 >>
 ( 購読無料― 随時配信)
 ― 日々のステキな“ちょっと”をお届けします。―  
  “団長わくわくメール新聞”

 ●お名前
 
 ●メールアドレス
 
 

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ