団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
セントラルパーク!
はい、ごきげんよう!!


にぎやかなニューヨークにあって、

和やかな憩いの名所といえば、

セントラルパーク。



南北に4km、東西に800mという広い公園。





マンハッタンのほぼ中心に位置し、

多くの市民や観光客が集まってきます。


銅像もいろいろあり、

一番人気は、不思議の国のアリス!



いつも人だかりで、

なかなか本体が見えません。

人の入れ替えのタイミングを待って

なんとか一枚、激写!



あと、アンデルセンの像もあります。



この公園を歩いていると、

あぁニューヨークに来たんだなぁ、

という実感が湧きますね。

何度でも散歩したくなります!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 21:39 | - | - |
ニューヨーク三大美術館
はい、ごきげんよう!!


アートの都としても知られるニューヨーク。


三大美術館を少し紹介します。


まず、メトロポリタン美術館



入場者数はルーヴル美術館に次ぐ世界2位、

総面積は世界最大。

アメリカ三大美術館の1つであるとともに、

300万点もの美術品を収蔵する

世界有数の巨大美術館です。



一言、とにかく大きくて広い。

1日で全て見て回るのは、ほぼ不可能でしょう。


ぼくは開館早々から入って、

ヨーロッパ絵画とアメリカ絵画だけで

6時間以上かかりました。


数多くある作品の中、

注目すべきものの代表派は、

フェルメールの作品です。


フェルメールは寡作で知られ、

36点しかないないのですが、

そのうちの5点を収蔵しています。



『眠る女』

門外不出の作品のため、ここに来ないと見られず。


古典から現代まで、いろいろ揃っていて、

見応えありますね、ほんと。


続いて、

”MoMA”の愛称で親しまれる

ニューヨーク近代美術館。



こちらは近現代に特化した美術館で

とてもニューヨークらしいな、

と感じました。


ここでの、ぼくのお目当ては

ピカソの代表作

『アヴィニョンの娘たち』



です。

美術の歴史を変えた衝撃作!

強烈でしたね、予想以上に。


MoMAは6階まであるので、

それなりの時間を要しますが、

3〜4時間あれば、全て見て回るのも十分可能です。


最後にグッゲンハイム美術館



ここは収蔵作品以上に

アメリカを代表する建築家、

フランク・ロイド・ライトによる

この建物が印象的。



建物の中から上を見上げると

ユニークさが一段を際立ちます。


7階建ての構造ですが、

空間が多いので、思ったよりも

見て回るのに時間がかかりませんでした。

2〜3時間もあれば十分かと。


ちなみに、ニューヨークには

他にも美術館が多くあり、

アート好きには、楽しみが尽きないですね。


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 23:39 | - | - |
ブロードウェイミュージカルへ!
はい、ごきげんよう!!


ニューヨークで、ぜひ経験してみたい、

と思っていたものの1つが

「 ブロードウェイミュージカル 」

です。


ミュージカルといえば、

ニューヨークのブロードウェイと

ロンドンが2大本場ですからね。


ぼくはロンドンに行くたびに

必ず1つはミュージカルを見ていますが

ブロードウェイは初めて。


一体どんな雰囲気なのか、

すごく楽しみにしていました。


初めてのブロードウェイミュージカル、

選んだ作品は、

「 シカゴ 」

です。

CHICAGO <ブロードウェイ・オリジナル・キャスト・レコーディング>
CHICAGO <ブロードウェイ・オリジナル・キャスト・レコーディング>


シカゴは昔からずっと上演され続けてる定番で

ぼくの中では

ブロードウェイといえばシカゴ、

という印象があります。


さて、劇場をご紹介しましょう!



劇場は、わりと小さ目で

どの席でも見やすいのが特徴。



あと一体感がスゴイですね。

日本で見るミュージカルとの一番の違いは

盛り上がり方にあります。


あぁ、アメリカで見てるんだなぁ、と

感じる瞬間でした。


休憩時間には、

シカゴのマグカップに入った

コーラを注文。



単にこのマグが欲しかっただけなんですけど(笑)

ちなみに、ワインもこのマグに注いでいて

ビックリしました!


それと、ミュージカルのオーケストラは

通常、半地下にいて

客席からは、ほとんど見えないのですが

シカゴでは舞台のど真ん中に!



これも、なかなか衝撃的でした。

終演後のお客さんの退場にも

オーケストラが音楽で送り出す感じで

新鮮でしたね。


帰りには、

多くのお客さんが

この看板の前で記念撮影してました。



ぼくは、やってないですけど(笑)


ブロードウェイには

本当にたくさんの劇場があり、

いろんな演目が毎日行われています。


1つでも多く見て、いい刺激を受けられたら、

と思う次第です。


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 23:54 | - | - |
ニューヨーク・タイムズスクエア
はい、ごきげんよう!!


ニューヨーク、独特の活気がありますね。


中でも一番多くの人が集まる場所が

タイムズスクエア。



人の数が多いのに加え、密度が濃いですね。

キャラも濃いというか(笑)


日中のみならず、

夜も多くの人で、にぎわっています。



これぞ、ニューヨーク!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 21:28 | - | - |
ニューヨーク!
はい、ごきげんよう!!


ワシントンを出て

ニューヨークにやってきました!




初めてのニューヨーク、

一体どんな展開が待っているのか!?


楽しみです。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 21:18 | - | - |
ワシントンの魅力
はい、ごきげんよう!!


ワシントンは、

アメリカの首都であると同時に、

世界有数の文化芸術の町です。


スミソニアン博物館と呼ばれる一帯は

宇宙、産業、芸術、自然史など、

16ものミュージアムがズラリと並ぶ

圧倒的な規模!


ベルリンにも博物館島と呼ばれる一帯があり、

インパクトがありますが、

ワシントン、強烈の一言です。


個人的にイチオシは、

ナショナルギャラリー。



アメリカで唯一、

レオナルド・ダヴィンチの絵画

「ジネブラ・デ・ベンチの肖像」

が収蔵されていることでも有名。



レオナルド作品の前に群がる人々


アメリカの美術館は

近現代は充実しているものの

ヨーロッパの古典絵画が品薄なのは否めません。


しかし、このナショナルギャラリーは

かなりのものです。

ヨーロッパの大美術館にも

ひけを取りませんね。

全般に好みの作品が多く、

非常に気に入りました。

いずれぜひ再訪したいですね!


ちなみに、スミソニアン以外にも

いろいろ見所がありますが、

その代表派が


「 フィリップス・コレクション 」


です。



個人の邸宅美術館としては

世界有数のレベル!


この美術館の顔は、

ルノワールの代表作の1つである


「 舟遊びの昼食 」



画集や雑誌で見る分にも

素晴らしいことが予想できましたが、

本物は全く違いますね!!


これを見るだけでも、

足を運んだ甲斐がありました。


館内を歩くだけで

古き良きアメリカ文化を感じられるのも

邸宅美術館ならではの魅力。


静かな住宅街にあり、

ゆったり気分で楽しめるのもいいですね。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 22:47 | - | - |
ワシントンの名所
はい、ごきげんよう!!


さっそくですが、

ワシントンの


「 3大名所 」


を少し紹介しますね。


まずは、国会議事堂。



白亜の宮殿のようなカッコ良さが光ります。


続いて、ワシントン記念塔!



やや小高い丘の上にある巨大な塔で

町中からもよく見えてインパクトあります。


周囲を囲んでいるアメリカ国旗が

風でふわりと舞っているよう!


麓に広がる公園(ナショナルモール)は

市民の憩いの場で

個人的にとても好きな場所です。


で、本来ならば、

三大名所の真っ先に挙げられるのが、

ホワイトハウス!


が、警戒が厳しくなり、

正面から全体像を撮影するのを断念。。。


その代わり、

日本人的にとても重要な名所を1つ。


ポトマック河畔にある

「 桜並木 」

でしょう!


もちろん、もう桜の季節は

終わってしまってますが、

日米友好の証として有名ですよね。


ちなみに、こんな感じの場所です。



このジェファーソン記念館を囲むように

ズラリと桜が並ぶ感じになるようです。



桜の育成、保護に関するプレートも設置


いずれ、満開の桜をぜひ見たいものです。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 21:00 | - | - |
移動!
はい、ごきげんよう!!


フィラデルフィアを出て


「 ワシントンDC 」


にやって来ました。



アメリカの首都ですし、

どんな町なのか、楽しみです!



では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 21:59 | - | - |
フィラデルフィア名物
はい、ごきげんよう!!


昨日の続きです。

フィラデルフィア美術館は

この町で最も多くの人が集まる場所、

といっても過言ではありません。



セザンヌとルノワールの代表作を筆頭に

名画が揃う、アメリカ屈指の美術館。

世界中から美術ファンがやってきます。


それに加えて!

この美術館の前にある

「 大階段 」

が大変な人気なのです。


なぜなら、

あの超人気映画、


「 ロッキー 」
 
ロッキー〈特別編〉 [DVD]
ロッキー [DVD]

の舞台になっている階段だからです。


映画におけるロッキーのごとく、

階段を駆け上がる人、

とても多い!



そして、階段を上り終えたところで

ガッツポーズを!

完全に気分はロッキー(笑)


ちなみに、

そのガッツポーズをするロッキーの銅像もあるんです。

階段の上ではなく下、右手の方にあり、

かなりの人気!





ロッキーファンにとっては

見逃せないですね、ここは。


映画といえば、

ぼくにとって、ロッキー以上に

フィラデルフィアの印象を

強く持っている作品があります。


それは、こちら。

フィラデルフィア (1枚組) [DVD]
フィラデルフィア [DVD]


映画の内容はもちろん、

その主題歌となった

アメリカを代表するロック歌手、

ブルース・スプリングスティーンの
 
ストリーツ・オブ・フィラデルフィア
ストリーツ・オブ・フィラデルフィア

が大好きなんですね。


グラミー賞5部門にノミネートされた名曲で

何度聴いても最高!


スプリングスティーンが

フィラデルフィアの町を歩く

PVもすごくいい感じで。


フィラデルフィアに到着以来、

改めてユーチューブで何度も見ています。

ここに来れて、ちょっと感無量ですね。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 22:26 | - | - |
フィラデルフィアの町
はい、ごきげんよう!!


フィラデルフィアは

いろいろな魅力ある町です。


アメリカ独立ゆかりの町として知られ、

世界遺産の独立記念館は

代表的な名所。




町を歩くときに

目印になるのは、市庁舎です。



インパクトありますね!


美術好きにも、たまらない町で、

印象派の名画が揃う

バーンズ財団美術館は

特に有名。



ロダン美術館も!



フランス国外にあるものとしては最大規模。

入り口には、あの

”考える人”

の像が立っています。


そして、

フィラデルフィア美術館は

観光で訪れた人なら

必ず立ち寄る場所といっても過言ではないでしょう!


なぜなら、美術に一切関係なく、

来たくなる理由があるんです(笑)

それはまた明日にでも。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | アメリカ遠征 | 23:20 | - | - |


 ( 購読無料― 随時配信)
 ― 日々のステキな“ちょっと”をお届けします。―  
  “団長わくわくメール新聞”

 ●お名前
 
 ●メールアドレス
 
 

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ