団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
さらばフィンランド!
はい、ごきげんよう!! 


そして、帰ります〜(笑)


短い期間でしたが、

おかげさまで、充実した海外遠征になりました。


続きは、帰国後にまた!

ヘルシンキの空港

小さくてわかりやすいです。


では、今日もステキな1日になりますように・・・ 
| 団長 | フィンランド遠征 | 15:33 | - | - |
かもめ食堂へ
はい、ごきげんよう!! 


フィンランドというと

何をイメージしますか?


マリメッコやイッタラなどの

ブランドでしょうか。


それとも、超人気映画



でしょうか。


映画の舞台となったカフェ

「SUOMI」に行ってきました〜




映画を見た人の憧れの場所となっていて

日本人観光客も連日たくさん訪れているようです。


ぼくが行ったときも、

ちょうど日本人団体客で

貸切状態でした(笑)


混んでましたし、

店内で飲食するのは

やめようと思ったんですが、、、


近所を少し散策した後に

道を間違えて、たまたま前を通ったところ、

ちょうど団体さんがお帰りになり(笑)


ガラガラになったので、

入ってみることにしました。


印象は、

映画そのまんま、という感じでしたね。


名物のミートボール



を注文!


かなり量が多いですね(笑)


ちなみに、食事には

サラダバーとパン食べ放題も付いてました。


映画にも出演した店主夫妻は

大変な人気で、次々と

観光客に記念写真を頼まれてましたよ〜


ぼくは、撮ってませんが(笑)


でも、少しお話させていただいて

気さくなお人柄が、とても印象に残ってます。


それと、映画にも出てくる名物の


「 シナモンロール 」


も食べてみようと思ったんですが、

残念ながら、売り切れてました。


ま、閉店間際だったんで

それもやむなし、ですね。


また来ることがあれば、そのときに☆



あ、それと、かもめ食堂、

原作本も面白いですよ〜




まだ映画を見てない方は、

本から入ってみるのも

オススメします!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
 
| 団長 | フィンランド遠征 | 06:30 | - | - |
青空のフィンランド
はい、ごきげんよう!! 


ちょっと寒いと思ったフィンランドですが

晴れると、それなりに暑いです(笑)


そして、青空が気持ちいい。



海には、青い空が似合いますね、やっぱり。


それと、かもめが飛ぶ位置が低い。

すぐ頭の上を飛びます。


ずいぶん人間の近くを飛んでくるんで

なかなかの恐怖ですよ〜


一度、パンを取られたこともありますし(笑)


寒い国ですから、

かもめも束の間の夏を

楽しんでるのかもしれませんね(笑)


では、今日もステキな1日になりますように・・・ 
| 団長 | フィンランド遠征 | 04:51 | - | - |
久しぶりのフィンランド!
はい、ごきげんよう!!


ローマを出て、


「 フィンランド 」


にやってきました〜


久々ですね。


約3年ぶり。


猛暑のローマから一転、

少し寒いくらいです。


相変わらず、

かもめも元気に飛び回ってます(笑)



では、今日もステキな一日になりますように・・・ 
| 団長 | フィンランド遠征 | 11:11 | - | - |
フィンランドの白夜
はい、ごきげんよう!!

フィンランドから、ロンドンに戻ってきました〜


そのまま次の地に飛ぶことも考えたんですが
とりあえず一度ロンドンで一息つきます。


ということで、

今日はフィンランドのとっておきのネタ、



「 白 夜 」



を披露します!!



あるとき、


ホテルの窓から見える空の色が、

なんか違うことに気がついたんですよ〜


夜中の2時前なのに、暗くないんです。


妙に青いというか、不思議な感じで。。。。



そして、


あぁ、これが白夜なんだな、と


初めて気づきました。



気づいた以上、部屋の窓から眺めてるだけじゃ
もったいないですからね〜(笑)


外に繰り出して、大きな白夜を楽しむことにしました。


深夜ですし、ホテルも外も
静まりかえってるかと思いきや、

ホテルのバーでまだ飲んでる人もいたり、

散歩してる人もチラホラ。


みんな、白夜を楽しんでるんですね〜


今まで気づかなくて、アホなワタクシ(笑)



それにしても、不思議な世界です。



空の青さと街灯が、独特のハーモニーを
生み出してます。


こんな感じに。





いかがですか??


夜中の2時ですよ、これが。



駐車場から見る空、




港から見る空、




見れば見るほど幻想的な世界です。


そこにあるものが、それぞれいい味を出して
自然な神秘を醸し出してる気がします。





この空を見て、



あぁ外国にいるんだなぁ・・・



と改めて実感しました(笑)



ノルウェーのノールカップ岬では
沈まぬ太陽と薄紫の空が見れるようですし、
いつか見たいですね。


来年かな?(笑)


では、今日もステキな1日になりますように…
| 団長 | フィンランド遠征 | 23:42 | - | - |
さらばフィンランド!
はい、ごきげんよう!!

楽しく過ごしてきたフィンランドとも、

いよいよお別れのときがきました。


かもめが飛ぶ光景も、




人々がくつろぐ午後も、




突き抜けるような青空とも




しばしの別れですね。


派手さこそないものの、

要所要所に見られる


「 小さな遊び心 」


が、僕にとってのフィンランドの魅力です。


たとえば、


この赤い電車は、




「 ビール列車 」


なんですよ(笑)


車両上部に“PUB”と書かれてます(笑)


人々がビールを飲んだり、買ったりできるんですね。


日本でいうところの、焼き芋や、移動式メロンパン、
という感じでしょうか。


公共の電車がやっちゃうとこが面白いですよね〜


あと、町中に唐突に、



こんなオブジェがあったり(笑)


ふと、横を見ると馬車が走ってたり




レンガ道路も、とても印象的です。




歴史とモダンさが、自然に融合していて、
まじめなんだけど、ちょっとトボけたとこもあるような
不思議な魅力にあふれています。


いればいるほど、味が出てきて
気に入りましたよ〜


必ずまた帰ってきます!


ありがとう、フィンランド!


ありがとう、ヘルシンキ!!





では、今日もステキな1日になりますように…
| 団長 | フィンランド遠征 | 16:07 | - | - |
フィンランド美術館・博物館めぐり!
はい、ごきげんよう!!

そういえば、今日から、7月ですね〜


海外にいると、だんだん時間の感覚が
わからなくなってきて
曜日も何もあったもんじゃない感じです(笑)


ちゃんと意識してないと、
今、何月何日だか、
本当にわからなくなってしまうんです。


浦島太郎ですね、すっかり(笑)


さて、今日は、少しマニアックな(?)ネタで。



「 フィンランドの美術館&博物館 」


です〜


正直、日本にいるときには、
博物館や美術館に行くことは
めったにありません。


足運びするのは、友人が出展してるとか、
何か特別な事情があるときのみです(笑)


が、海外に行くと、なぜか行ってしまうんですね〜


教会見物にも(笑)


不思議です。。。



ここヘルシンキにも、いろんな博物館があります。


ということで、さっそく、


「 美術館・博物館めぐり 」


を楽しみましょう!!



最初は、ココから。




「 国立博物館 」


です。


でも、最初、教会かと思って入ったんですよ(笑)


友人も一緒だったんですけど、


「お、こんなところに教会があるぞ〜!」


みたいなノリで(笑)


年代別にフロアが分かれていて
歴史を感じさせる博物館でした〜


最初は、土器とか発掘品みたいなのが多くて
わりと早足で進んでたんですけど、
途中から徐々にゆっくりに。。。


特に、時計のフロアは面白かったです。


こんなのもあったり(笑)




ステンドグラスもキレイでした〜!




ちなみに、ここの一番の名物は
天井画です。


「これはフィンランドの有名な神話だから
 ちゃんと見ておいた方がいいよ」


と言われました。


「 カレワラ 」


と呼ばれているそうです。




↑ これはその一部です。


「説明してあげたいんだけど、何と言ったらいいか
 ちょっと難しいから、あとでウィキペディアのリンクを
 送るね」


とのことで、その場は絵を眺めて終わりでしたが、
なんだか神々しい迫力にあふれてました。


教会かと勘違いして入ったのに、
掘り出し物!にめぐりあった気分です^^


次は、こちらです〜




「 キアズマ国立近代美術館 」


です。


不思議なオブジェが置かれていることから
わかるように、一風変わった美術館です。


いわゆる、現代アートですね。


絵画よりも、大きなオブジェなど
造形ものが多い印象を受けました。


映像作品も豊富です。


建物の構造も面白くて、
ちょっと迷路みたいというか
自分がどこにいるのか
わからなくなりそうな感じです(笑)




正直、理解に苦しむ作品も多かったんですが、
シンプルではないからこそ、
いろいろ考えさせられましたね。


このアーティストは一体何を考えて作ったんだろう?


何に刺激を受けたり、心を動かされたのだろう?


と思わずにはいられませんでした。


現代アート好きの人や、フィンランドのデザインが
好きな人には、相当楽しめると思います。


最後は、こちら。


「 アテネウム美術館 」


です。





中央駅のすぐ前にあり、立地は最高。


規模的にも、フィンランド最大の美術館とのことです。


写真撮影禁止で、常に係員の厳しい目が光ってました(笑)


ここは、王道の美術館ですね。


アバンギャルドなものは、ほとんどナシです。


「 カレワラ 」


の別の場面の絵も飾られてました。


ここの絵は、先のキアズマと違って
比較的、わかりやすい作品が多いと思いました。


絵を見ていると、そのときの生活や文化、
歴史が感じられるんですよね。


中でも、アルベルト・エデンフェルトという人の絵が
印象的でした。


生命感あふれるというか、ライブ感たっぷり!


あまり絵心のない僕ですら
楽しめましたんで、みんななら、
もっと楽しめると思いますよ〜^^


以上、簡単ですが、

フィンランド美術館・博物館めぐりでした☆


では、今日もステキな1日になりますように…
| 団長 | フィンランド遠征 | 18:17 | - | - |
フィンランドの食、その4
はい、ごきげんよう!!

フィンランドの食、その4


です〜


さぁ、お待ちかねの?


「 トナカイ 」


の登場です(笑)


食堂のメニューにあるのはもちろん、
デパートやスーパーでも
普通に売ってるんですよ〜


北欧最大のデパート、


「 ストックマン 」


でも売ってます。





牛肉などと同じ感じで、
トナカイ肉が並んでます。


バリエーションも豊富で、

ハム、




くんせい




サラミ



など、実に豊富です。


サラミは、一見、たくあんっぽいですよね(笑)


あと、つまみ用のもっと手軽なのもあります。




そして、


極めつけは、



「 缶 詰 」



です!





イラスト入りです(笑)


ちなみに、缶詰は、トナカイだけでなく


「 ヘラジカ 」



もあり、


さらに!!


「 熊 」





までも!!!



まさか、熊があるとは予想だにしてませんでした〜


熊って食べられるんですね。。。


ビックリです。。。


で、とりあえず、

トナカイだけ挑戦してみました〜


缶を開けてみると、こんな感じです。




ま、普通ですか(笑)


そして、味ですけど、



う〜ん、、、、



「 コンビーフ 」



みたいですね。。。



なんか、よくわかんないです。



と、最初思ったんですが、

食べていくうちに、味がわかってきました!


羊肉に近いです。


けっこう似てると思います。


ので、羊肉が好きな人はOKと思いますけど
苦手な人はパスした方がいいかもしれません。


ちなみに、お値段ですが、

1缶で900円くらいです。


高いですね、やっぱり。



参考までに、熊は、、、



3000円くらいです(笑)



それくらいの希少品ってことでしょうか。


国によって、食べ物もいろいろで
勉強になりますね。


あ、でも、フィンランド人が
いつもトナカイ肉を食べてるわけでは
ないようです。


昨日のブログで紹介した友人によると


「食べるには食べるけど、
 たまにしか食べないよ」


とのことでした。


では、今日もステキな1日になりますように…
| 団長 | フィンランド遠征 | 18:18 | - | - |
フィンランドの食 その3
フィンランドの食、


続いては、いよいよ


「 お菓子 」


です〜


まず、カラフルなお菓子が
目につきました!




・・・身体に悪そうな気もしますが(笑)



でも、何か試してみたい気持ちマンマンです!


できれば、フィンランド名物がいいなぁ、と
思っていたところ、

滞在中に知り合ったフィンランド人から
いいアドバイスをもらいました〜


ちなみに、こんな人です。






ロン毛の20歳・男です(笑)


ヘヴィーメタルなどのハードな音楽を好む一方、
仕事は、なんと!


大統領官邸に勤める役人です(笑)


「フィンランドでは、ロン毛の男は多いよ〜
 この頭でも、どんな仕事でも大丈夫」


とのこと!!


日本では、、、


ありえないですね。。。(笑)


うらやましい限りです(笑)


ちなみに、彼は日本に5週間のホームステイ経験があり、
日本語も、かなりしゃべれます。


多くの外国人と違って、


「日本語は、そんなに難しくなかった」

「日本は安かった」


などの驚きの発言も多々(笑)


ま、フィンランド語の難しさと
物価の高さと比べれば、それもわかる気が。。。


あ、それと、

フィンランドに来て、初めて話した日本語は
彼とでした(笑)


外国で、外国人相手に日本語で会話してる
というのも不思議な感じですね(笑)


で、彼のオススメのお菓子はコレです!





見てのとおりのアメですが
これはなんと!!


「 世界一まずいアメ 」



との誉れ高いアメであります(笑)



サルミアッキというもので
フィンランド独特の味わいのようです。


彼いわく、

「世界で一番まずいアメと言われてるけど、
 フィンランド人は、みんなおいしいと思ってるよ」

とのことです(笑)


とりあえず買ってみましたが、
怖いのでまだ食べてません(笑)


ネットで調べると、いろいろ出てきますので
興味ある方がいましたら、ぜひ!


それと、こちら。




「コケモモは、フィンランド名産だから
 これも食べてみて〜」

と言われました。


で、こちらは、さっそく食べてみました。


ま、一言でいうなら、

コケモモ味のグミ、って感じですかね〜


しかし、、、


かなり微妙な味です。


今まで食べたことのない味わいです(笑)


「どう? どう?」


と感想を聞かれましたが、


「今までにない味だ!」


としか答えられませんでした(笑)


むむむ、、、、


サルミアッキのアメ、、、


恐怖です(笑)



それと、フィンランド名物かどうかわかりませんが、

スニッカーズもおすすめされました!




理由は、、、


「 限定版だから 」


とのことです(笑)


フフ、どこの国でも、限定とかいう言葉に
弱いわけね〜、とちょっと笑ってしまいました(笑)


ちなみに、ヘーゼルナッツ味です。


で、食べてみた感想ですが、
普通のスニッカーズとの違いがわかりませんでした(笑)


それと、町中では、アイス屋さんが
多いのが印象に残りました。




こういうスタンド形式ですが、とにかく多い。


食べてる人も多い(笑)


見たところ、変な味のアイスはなさそうですが、
実際どうなんでしょう??


まだまだ楽しめそうです^^

| 団長 | フィンランド遠征 | 23:41 | - | - |
世界遺産スオメンリンナ
はい、ごきげんよう!!

今度は、フェリーに乗って

世界遺産の


「 スオメンリンナ 」


に行ってきました〜


実をいうと、スオメンリンナのことは
知らなかったのですが、
ヘルシンキにいるならぜひ行った方がいい、と
すすめられまして。


迷わず行くことにしました(笑)


快晴の中、風に吹かれて進む
フェリーは本当に気持ちいいです。


おっと、見えてきました!





ワクワクしますね〜^^


とりあえず、情報がゼロなので、
島内観光ツアーに参加することにしました。

主要な情報や場所がだいたいわかるでしょうし、
ザっとつかんだ上で、後からじっくり回れば楽しいかな、と。

で、1日2回開催されるという英語ツアーに
申し込んで、集合場所に行きました。


が、


どうも様子がおかしい。。。


英語ツアーのはずが、
ガイドの説明は、フィンランド語のみなんですよ(笑)


フィンランド語ツアーは1日3回、
別の時間に行われるはずなのに、なぜ??


全然わかりませんので、
困りましたよ(笑)




ま、でも、説明はわからなくても
主要な場所に行くことには変わりないでしょうし、
文句も言わず、そのまま付いていくことにしました(笑)


スオメンリンナは、さすがに人気の観光名所らしく、
いろんな国のツアーが来ていました。


その中には、日本からのもあって
ガイドさんの旗の後について、
日本のオジさんやオバさんが
ゾロゾロ歩いてました。


当然、説明は日本語です(笑)


こっちは、全くわからないフィンランド語ツアーの一員ですから
うらやましい限りでした(笑)


島内にある名所で、僕が一番印象に残ったのは


「 スオメンリンナ博物館 」


です。




ここでは、スオメンリンナの歴史を資料や映像などで
詳しく知ることができるんですが、
中でも、ショートフィルムは秀逸でした!

・スオメンリンナは、
 フィンランドがスウェーデンの統治下だった時代に
 ロシアからの侵攻を防ぐために作られたこと
・その制作プロセス
・ロシアによる支配
・そして独立

など、スオメンリンナのことはもちろん、
フィンランドの近現代史までもが
わかりやすく理解できる構成でした。


しかも!


なんと、日本語音声もあったんですよ(笑)


7ヶ国語から選択できるようになっていて、
非常に助かりました。


また、博物館のスタッフが、
実に親切だったのも印象的です。

フィルムが始まる前には、
わざわざ声をかけに来てくれたり、
館内を回る前には、英語版のガイドを持ってきてくれたり
とてもよくしていただきました。

おかげで、フィンランドのことがよくわかり、
一段と親しみを感じるようになりました。



後は、スオメンリンナの建設を指揮した
エーレンスヴァルドの墓も印象に残りました。

ちょうど、子供向けの野外教室も開かれていて
昔の衣装に身を包んだガイドさんが
コントのように楽しく解説してました。



この墓が、ユニークなつくりで
横から見ると船になってるんです。




先日のシベリウスの銅像にも言えることですが、
一筋縄では終わらないところが
フィンランドらしさでしょうか。


ちなみに、スオメンリンナは
海の要塞と呼ばれ、島のあちこちには
大砲や基地など、かっての面影が
そのまま残っています。




石づくりの基地




窓から、海の様子が見渡せます。




トンネルになってますので、
今では子供たちの、またとない遊び場です(笑)


船着場のところは、キングスゲートと呼ばれ、
特に強固なつくりになってます。


岸壁は、ハイキングコースとしても人気です。


が、


すぐ横は海ですし、かなり高さもあるので、
けっこうスリリングです(笑)




ヒッ、ヒェーーー!!


あまり下を見ないようにします(笑)


でも、ここから見える景色の良さは、
格別のものがあります。


ということで、海までわずか数メートルの
崖にて記念撮影(笑)




周辺では、日光浴をしてる人もいたり、
海に面して、くつろいでる人もたくさんいて
とてものどかな雰囲気でした。





フィンランドの歴史を学べたこと、
体感できたこと、素晴らしい景色、自然、、、


本当に来てよかったです。


やはり、人のオススメは、
素直に聞いておくものですね(笑)


では、今日もステキな1日になりますように…
| 団長 | フィンランド遠征 | 17:34 | - | - |


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ