団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
ゴッホの森へ

はい、ごきげんよう!!

 

 

ユトレヒトから、

 

電車とバスを乗り継いで

 

「デ・ホーヘ・フェルウェア国立公園」

 

にやってきました。

 

 

ここは通称、

 

「ゴッホの森」

 

と呼ばれ、

 

ゴッホのコレクションで世界的に有名な

 

「クレラーミュラー美術館」

 

があります。

 

 

アムステルダムのゴッホ美術館と並んで、

 

ゴッホファンの聖地といえる場所。

 

 

ぼくは、

 

「あるゴッホ作品」

 

を見るのを

 

特に楽しみにしていました。

 

 

それは、

 

ゴッホの代表作の1つ、

 

「夜のカフェテラス」

 

です。

 

 

ご承知の方もいるかと思いますが、

 

我が著書

 

「読書教室」

http://taiseido.co.jp/dancho_book.html

 

の裏表紙のモデルとなった絵。

 

 

本が出てから3年近くなろうとしているこの日、

 

ついにご対面です!

 

 

館内には、さまざまな作品が展示されていますが、

 

メインであるゴッホ作品群は

 

一番奥に並んでいます。

 

 

ここだけ、ダントツで人が多いので、

 

すぐわかりますが(笑)

 

 

一番人気は、

 

やはり

 

「夜のカフェテラス」

 

ですね。

 

 

記念写真を撮ろうとする人が後を絶ちません。

 

 

他の部屋をじっくり見て、

 

時を待ちました。

 

 

そして、

 

いよいよご対面!

 

 

近くにいた人たちも

 

本と絵を比べてみて

 

違いを指摘して楽しんでましたよ(笑)

 

 

なんだか、感無量の一瞬でした。

 

 

ちなみに、

 

園内では、無料で自転車が借りられます。

 

 

もちろん、ぼくも乗りました(笑)

 

 

美術館のみならず、

 

サイクリングを楽しむにも

 

ぴったりの自然豊かな公園です。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 17:42 | - | - |
ミッフィーの故郷、ユトレヒト

はい、ごきげんよう!!

 

 

ミッフィーの故郷、、ユトレヒト。

 

 

といっても、

 

正確に言うなら、

 

絵本の舞台がユトレヒトなわけではなく、

 

作者のディック・ブルーナさんの町。

 

 

しかし、ミッフィーは町のシンボルとして

 

定着しています。

 

 

いたるところで見かけますし、

 

住民みたいな感じでしょうか(笑)

 

 

まず、駅につながるモールに

 

ミッフィー。

 

 

そして、信号も!

 

 

前回、初めて見たときに

 

偶然気が付いて、すごく感動したのを

 

よく覚えてます。

 

今回は、ばっちり狙って撮影(笑)

 

 

リニューアルオープンした

 

ミッフィー美術館。

 

 

以前はブルーナハウスだったので

 

ミッフィー専門になったところが

 

大きな違いですね。

 

 

個人的には、向かいにある

 

「中央美術館」

 

がお気に入り!

 

 

期間限定で

 

ブルーナさんのアトリエが

 

再現された部屋が

 

設置されています。

 

 

 

ふと、大好きな

 

 

うさこちゃん びじゅつかんへいく (ブルーナの絵本)

うさこちゃん びじゅつかんへいく 

 

 

を思い出し、感動ひとしお。

 

 

このアトリエ、

 

ブルーナさんのファンとしては

 

夢のような幸せ空間です!

 

 

あと、知る人ぞ知るネタですが、

 

中央美術館の裏庭に

 

多面体型のミッフィー像があります。

 

 

そんなユトレヒトの町は、

 

ミッフィー抜きにしても

 

非常に魅力的!

 

 

 

心の故郷のような町です。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 17:20 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

デルフトを出て、

 

「ユトレヒト」

 

へやってきました。

 

 

あの団長人気の

 

「ミッフィー」

 

の故郷として知られる町。

 

ディック・ブルーナのすべて 改訂版

ディック・ブルーナのすべて 改訂版

 

久しぶりですし、楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 16:55 | - | - |
キューケンホフ公園!

はい、ごきげんよう!!

 

 

チューリップを見に

 

念願の

 

「キューケンホフ公園」

 

に行ってきました!

 

 

チューリップの国オランダにおける

 

最大のチューリップの名所。

 

その数、なんと700万本以上!

 

 

まさしく、世界一のチューリップ公園です。

 

 

入ってすぐから、目の前に広がる世界に感動!

 

 

地元はもちろん、世界中から多くの人が来て

 

大賑わいですが、

 

広いので、歩きづらさなどは一切なし。

 

 

歩くほどに、園内のさまざまな雰囲気を

 

楽しめます。

 

 

一番人気のスポットは

 

やはり風車ですかね。

 

 

チューリップと風車の組み合わせは

 

これぞオランダ!

 

 

 

一生に一度は見る価値がありますね、ここは!

 

 

長年の夢が叶い、幸せなひとときでした。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 16:02 | - | - |
フェルメールの故郷、デルフト

はい、ごきげんよう!!

 

 

フェルメールの故郷、デルフト。

 

 

今回、特に楽しみにしていた町。

 

 

想像以上に、ロマンティックで

 

美しい所です。

 

町の中心、マルクト広場

 

 

まるで、フェルメールの絵に出てきそうな家々。

 

 

フェルメールの故郷ということもあり、

 

町の随所にオブジェなどがあります。

 

 

町外れには、

 

オランダを代表する陶器で有名な

 

ロイヤルデルフトセンターもあります。

 

 

ロイヤルデルフト製の

 

『デルフトの眺望』

 

は見事!

 

 

 

ちなみに、デルフトの駅前には

 

広いチューリップ畑があり、

 

そこにデルフト焼き風の

 

巨大カップが2つ!

 

 

昔ながらの家々と小さな運河でいっぱい。

 

のどかな、いい所で

 

すっかりお気に入りです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 17:00 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

デン・ハーグを出て、

 

「デルフト」

 

にやってきました。

 

 

デルフト焼きで有名な町。

 

 

そして、

 

あのフェルメールが生まれ育った町としても

 

知られています。

 

 

フェルメールの名画のが生まれ、

 

作品の舞台となった町、

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 15:31 | - | - |
デン・ハーグ、マウリッツハイス美術館

はい、ごきげんよう!!

 

 

久しぶりにやってきたデン・ハーグ。

 

 

駅が新しくなり、駅前も開発されていて

 

だいぶ変わってました。

 

 

が、そんな新しさと旧来のものとの共存が

 

この町の新たな魅力になってる感じがします。

 

 

中心地のビネンホフ、

 

相変わらずカッコイイ!

 

 

ビネンホフ前にある

 

オランダ名物の「ニシン」の屋台も健在!

 

 

今回は食べませんでしたが(笑)

 

 

そして、リニューアルオープンした

 

マウリッツハイス美術館!

 

 

新館ができて、

 

ずいぶん広くなった印象。

 

 

この美術館、

 

そもそもがマウリッツ伯の邸宅。

 

 

絵を見る以前に、

 

室内の雰囲気が好きなんですよ。

 

 

 

 

前回、この美術館を訪れたことで

 

ぼくの美術熱に火がつきましたし、

 

感慨深い気持ちで見て回りました。

 

 

フェルメール作品の前にも

 

人がたまることがなく、

 

ほんといいですね。

 

 

・・・と思っていたら、

 

そこに日本の団体ツアー一行が

 

どしどしやってきて

 

空気が一変(笑)

 

 

皆さん、人気の

 

「真珠の耳飾りの少女」

 

と一緒に2ショットを撮ったり、

 

しばしにぎやかに堪能した後、

 

矢のように去っていきました(笑)

 

 

ちなみに、

 

ぼくは「真珠の〜」も好きなのですが、

 

その向かいに飾ってある

 

「デルフトの眺望」

 

という絵が大のお気に入り。

 

 

やはり、いいですね!

 

何度見てもいい。

 

フェルメールの作品の中で

 

1,2を争う好みです。

 

 

以前、この絵に魅了されたことも

 

忘れられない思い出です。

 

 

また、マウリッツハイス美術館の裏手には

 

池があり、ここからの景色も最高!

 


優雅なるひとときを楽しみました。

 

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 16:12 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

アムステルダムを出て

 

「デン・ハーグ」

 

にやってきました。

 

 

オランダ第三の都市で

 

政治の中心地。

 

 

なにより、

 

あのフェルメールの代表作

 

「真珠の耳飾りの少女」

 

が収蔵されるマウリッツハイス美術館も

 

この町にあります。

 

真珠の耳飾りの少女 (白水Uブックス)

真珠の耳飾りの少女 

 

 

楽しみです!!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

 

| 団長 | オランダ遠征 | 16:48 | - | - |
芸術の町、アムステルダム

はい、ごきげんよう!!

 

 

オランダの首都アムステルダム。

 

 

世界的に観光人気が高い上に

 

チューリップが咲くこの時期は

 

特にスゴイ。

 

中心街は、あふれんばかりの人、人、人!

 

 

 

そして、ぼくにとってのアムステルダムは

 

この上なき

 

「芸術の町」

 

です。

 

 

素晴らしい美術館が、実に多い!

 

 

フェルメールの傑作『牛乳を注ぐ女』や

 

レンブラントの『夜警』らが

 

ずらりと並ぶ、国立美術館。

 

 

8年前に来たときは、まだ改装工事が終わっていなくて

 

部分公開だったんですよ。

 

今回、ついに全体を見れて大満足!

 

フェルメール作品の前には、人が大勢いるので、すぐわかる(笑)

 

 

そして、

 

事前予約しないと、当日券を確保するのが極めて困難な

 

超人気のゴッホ美術館。

 

 

左右2つの形の異なる建物も必見。

 

ただいま、

 

「ゴッホと日本」

 

という特別展も開催中。

 

 

個人的には、まだ画風を模索中の

 

初期のゴッホ作品のフロアが

 

特に好きですね。

 

 

もう1つ、

 

現代アート中心の

 

「市立美術館」

 

もいいですね。

 

 

今回初めて行きましたが、

 

個人的には地下にある常設展示が

 

気に入りました。

 

 

ちなみに、この3つは

 

全てミュージアム広場にあります。

 

 

1日ではとても回り切れませんが、

 

近くに並んでるのは嬉しい限りです。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 16:35 | - | - |
到着!

はい、ごきげんよう!!

 

 

おかげさまで、

 

無事に現地到着です。

 

 

ここは、オランダ。

 

 

首都のアムステルダム!

 

 

 

壮麗なアムステルダム中央駅

 

 

8年ぶりのオランダ、楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | オランダ遠征 | 17:25 | - | - |


1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ