団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
ベラスケス

はい、ごきげんよう!!

 

 

先日紹介した

 

大好きな画家、

 

ベラスケスの本が出ました。

 

もっと知りたいベラスケス ―生涯と作品 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたいベラスケス ―生涯と作品 

 

 

もっと知りたい、という以前に、

 

もっと早く出してほしかった(笑)

 

 

ベラスケスの入門書としては

 

ぴったりの一冊ですね。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 22:20 | - | - |
プラド美術館展

はい、ごきげんよう!!

 

 

国立西洋美術館で開催中の

 

『プラド美術館展』

 

 

に行ってきました。

 

 

スペインの三大巨匠の一人であると同時に

 

歴史に名を残す世界的な画家、

 

「ベラスケス」

 

の作品が、一挙に7点も来日することが

 

最大の目玉!

 

 

「これは奇跡です!」

 

と銘打たれてますが、

 

決して大げさではありません。

 

本当になかなかない機会です。

 

 

ぼくは大のベラスケス・ファン!!

 

 

「人生を変えた画家」

 

といっても過言でないくらい

 

重要な人です。

 

 

今回来日した作品も

 

本国スペインのプラド美術館で

 

何度も見たことあるものばかり。

 

 

おなじみの作品たちへのご挨拶(?)も兼ねて、

 

見に行った次第です。

 

 

一言、

 

日本で見るのは

 

なんとも不思議な感じでした(笑)

 

 

あと、7点の配置が巧みで、

 

すごく新鮮、かつ興味深く見ることができましたね。

 

 

来日してる点数がそんなに多くなく、

 

しかも粒ぞろいですので

 

1つ1つじっくり見られるのも

 

いいな、と思います。

 

 

5月27日までの開催につき、

 

興味ある方、ぜひ!!

 

 

うーん、この展覧会に火をつけられて、

 

久々にスペインに行きたくなってしまいました(笑)

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 23:23 | - | - |
ナイトミュージアム

はい、ごきげんよう!!

 

 

先日紹介した展覧会

 

『至上の印象派展』

 

今日で終わりました。

 

 

行かれた方から、

 

いろいろ感想をいただき、

 

嬉しい限りです。

 

 

ちなみに、最終日前日の昨日、

 

団長FCの会員向けに

 

『ナイトミュージアム』

 

という企画を開催しました。

 

 

題名は、人気映画のパクリですが(笑)

 

 

夜18〜20時まで

 

展示の1点1点、

 

団長流のポイント解説をしながら

 

皆さんと一緒に見て回りました。

 

 

おかげさまで、

 

とても楽しいひとときでした!

 

モネの『睡蓮』の前にて

 

 

皆さんと一緒に絵画鑑賞する機会を

 

またぜひつくれたら、と思います。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 22:19 | - | - |
アール・デコ・リヴァイヴァル!

はい、ごきげんよう!!

 

 

都庭園美術館について

 

補足を少し。

 

 

昨日紹介した

 

「フランス絵本の世界」

 

は、

 

「アール・デコ・リヴァイヴァル!」

 

という企画の一環です。

 

 

”旧朝香宮邸物語”

 

が同時開催されています。

 

 

優雅な空間とデザインを

 

たっぷり堪能できます。

 

 

庭園も素晴らしい!

 

 

日本の美を味わい、

 

くつろげます。

 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 23:33 | - | - |
「フランス絵本の世界」展

はい、ごきげんよう!!

 

 

都庭園美術館で開催中の

 

「フランス絵本の世界」

 

を見てきました。

 

 

 

仏文学者で、古本コレクターとして知られる

 

鹿島茂さんのコレクション。

 

 

かなり楽しみにしてましたけど、

 

期待以上にワクワク!

 

 

会場内の一部では、撮影もOK。

 

 

 

どれも素晴らしかったですが、

 

個人的には、

 

「ぞうのババール」

 

関連の展示が特に気に入りました。

 

ぞうのババール―こどものころのおはなし (評論社の児童図書館・絵本の部屋―ぞうのババール 1)

ぞうのババール

 

 

フランス語の原書は

 

文章が手書き文字で味わい深い。

 

昔の本の紙質も好きですしね。

 

 

展示されたのを見て思ったのは、

 

絵本を開いたとき以上に

 

絵の魅力が一気に引き立つこと!

 

 

特に、大好きな作品である

 

ババールのしんこんりょこう (評論社の児童図書館・絵本の部屋 ぞうのババール 2)

ババールのしんこんりょこう 

 

の絵の素晴らしさを

 

かなり感じさせられました。

 

惚れ惚れしますね。

 

 

今度、パリに行ったら

 

古本屋で原書探しをやってみようかな、と

 

ひそかに思う次第です(笑)

 

 

展覧会の図録も

 

すごくいいですよ!

 

フランス絵本の世界  ―鹿島茂コレクション

フランス絵本の世界 ―鹿島茂コレクション

 

 

6月12日までの開催につき、

 

興味ある方、ぜひ!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 23:40 | - | - |
国立新美術館にて

はい、ごきげんよう!!

 

 

またまた国立新美術館へ。

 

 

といっても、

 

今日は美術館見物ではなく、

 

ぼくの出番ですが(笑)

 

 

”大人のための教養講座”

 

の第一回として

 

「世界500以上の美術館を探訪して見たもの、得たもの」

 

というテーマでお話しました。

 

 

いやー、美術に関する話になると、

 

楽しさ倍増というか、

 

気持ちの入り方が違いますね。

 

 

2時間ずつ、合計4時間の講座も

 

一瞬のうちに過ぎていきました(笑)

 

 

美術のない人生、

 

いや、美術のない団長は

 

もはや考えられません。

 

 

美術と触れてきた時間、経験が

 

どれだけ、ぼくの人生を彩り豊かにしていることでしょうか!

 

 

そして、皆さんの人生においても

 

素晴らしい華となり、力となるはず!

 

 

美術鑑賞の魅力や楽しみ、価値をお伝えすべく、

 

これからも、機会ある限り、

 

美術トークをしていけたら、と思います。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 23:20 | - | - |
至上の印象派展

はい、ごきげんよう!!

 

 

国立新美術館で開催中の

 

「至上の印象派展」

 

に行ってきました。

 

 

この展覧会は、

 

スイスのチューリッヒにあった邸宅美術館

 

「ビュールレ・コレクション」

 

の収蔵作品です。

 

 

2015年までは

 

限定公開されていましたが

 

チューリッヒ美術館に移管することが決定。

 

 

今回、その前に

 

日本ツアーが実現した次第です。

 

 

ぼくはスイスでぜひ見たい、と思っていながらも

 

残念ながら叶わなかったので

 

嬉しい限りです。

 

入り口

 

目玉作品のルノワール画

 

「かわいいイレーヌ」

 

が背景にドーンと!

 

 

このコレクションは元々、

 

ビュールレ氏が一人で収集したもの。

 

 

名画揃いの膨大な個人コレクションに驚くのと同時に、

 

並々ならぬ、こだわりを感じます。

 

 

会場の展示もゆったりしていて

 

非常に見やすく、

 

大いに楽しめました。

 

 

尚、モネの傑作

 

「睡蓮の池、緑の反映」

 

のみ、撮影可!

 

 

5月7日まで開催中につき、

 

ぜひどうぞ!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 22:22 | - | - |
向井潤吉アトリエ館

はい、ごきげんよう!

 

 

”民家の画家”

 

として知られる

 

向井潤吉の展覧会

 

「民家集大成」

 

に行ってきました。

 

 

 

会場は、生前に画伯が

 

実際に住居&アトリエとして使っていた

 

向井潤吉アトリエ館。

 

 

 

民家の画家の作品を

 

民家で見るという

 

これ以上ない環境。

 

 

作品点数こそ、30点くらいですけど、

 

濃さが違う!

 

満足感、この上なし。

 

 

表参道にある

 

「岡本太郎記念館」

 

を思い出しましたね。

 

特別な雰囲気を感じます。

 

 

充実感いっぱいに

 

最新の図録を買って帰りました。

 

 

何度でも訪れたい

 

お気に入りの場所になりそうです。

 

郷愁 日本の民家―向井潤吉画文集 (アートルピナス)

郷愁 日本の民家―向井潤吉画文集 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 23:36 | - | - |
MOMATコレクション

はい、ごきげんよう!

 

 

国立近代美術館について

 

補足です。

 

 

もしお出かけになりましたら、

 

必ず2〜4階の

 

「MOMATコレクション」

 

にも立ち寄られることを

 

強くオススメします。

 

 

非常に見応えある収蔵作品が

 

揃っています。

 

 

そして日本の美術館では珍しく

 

撮影OK!

 

ロダンの彫刻を撮影する外国人客

 

 

セザンヌやマティス、ココシュカら西洋画から

 

日本を代表する画家の作品まで

 

いろいろあります。

 

 

個人的には、

 

好きな画家の一人である

 

原田直次郎の傑作

 

「騎龍観音」

 

をじっくり見られるのが嬉しい限り!

 

 

また、藤田嗣治の

 

「シンガポール最後の日(ブキ・テマ高地)」

 

も圧巻です。

 

 

いい作品が揃ってますし、

 

各フロアにある休憩所も

 

なかなか味があります。

 

 

寒い日が続きますので、

 

暖かい館内で美術鑑賞を!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | アート | 21:02 | - | - |
熊谷守一「生きるよろこび」展

はい、ごきげんよう!

 

 

日本を代表する画家の一人、

 

「熊谷守一」

 

の展覧会に行ってきました。

 

 

会場は

 

竹橋にある

 

東京国立近代美術館。

 

 

熊谷の没後40年に際して、

 

「生きるよろこび」

 

というタイトルの回顧展が

 

開催されています。

 

 

実は熊谷のことは

 

実際に絵を見る前に

 

本で興味を持ったんですよね。

 

 

こちらです。

 

仙人と呼ばれた男 - 画家・熊谷守一の生涯 (単行本)

仙人と呼ばれた男 - 画家・熊谷守一の生涯 

 

なかなか興味深い人生で

 

絵を見たいな、と思わずには

 

いられませんでした。

 

 

以降、少しずつ熊谷作品を見る機会があり、

 

今回の回顧展は、

 

待ちに待った大きな展覧会であります。

 

 

初期の作品から晩年まで

 

予想以上に豊富な展示点数に

 

大満足!

 

 

外国人客も多く、

 

注目の高さを感じましたね。

 

 

3月2日までの開催につき、

 

興味ある方、ぜひどうぞ!

 

 

また、どんな感じの絵か

 

気になる方は、下記の本をご覧ください。

 

もっと知りたい熊谷守一 (アート・ビギナーズ・コレクション)

もっと知りたい熊谷守一 

 

 

ひとりたのしむ―熊谷守一画文集

ひとりたのしむ―熊谷守一画文集

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | アート | 22:04 | - | - |


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ