団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
マイセンへ

はい、ごきげんよう!

 

 

ドイツ、及び

 

世界的な磁器の町として知られる

 

「マイセン」

 

にやってきました。

 

 

1年10か月ぶり、2回目。

 

 

前回は日帰りで訪れましたが、

 

はるかに期待以上の

 

素晴らしさに感激!

 

 

とても僕好みの町でしたので、

 

次回は1泊してじっくり楽しみたい、

 

と思い、この日を迎えた次第です。

 

 

まず、見たかったのは

 

アルブレヒト城の夜景。

 

 

前回来たとき、

 

地元の人から

 

「あと1時間したら、ここから最高の夜景が楽しめる」

 

と教えてもらいながらも見れなかったので、

 

ぜひ見たいな、と。

 

 

変な話ですが、この夜景を見れただけで

 

既に十分満足しました(笑)

 

 

町は相変わらず、

 

昔ながらの趣きあふれる

 

雰囲気たっぷり。

 

アルブレヒト城から見た町並み

 

町の中心、マルクト広場

 

 

まるで、おとぎの世界のようで

 

歩いているだけで心躍ります。

 

 

今回、特に楽しみにしてたのは

 

マイセンの磁器工場見学です。

 

 

以前は、磁器にさほど興味がなく、

 

町歩き最優先で

 

スルーしてしまいましたが、

 

今や、すっかり磁器マニアになり(笑)

 

 

今回は一番のお目当てです。

 

 

入場すると時間を指定され、

 

最初に作業工程の説明と実演。

 

 

作品が仕上がる過程が感じられるのは

 

とてもいいですね。

 

 

博物館は、実に素晴らしく!

 

 

期待以上の充実っぷりで、

 

丸1日かけてじっくり味わいたいくらいです。

 

 

残念ながら時間切れで

 

マイセンカフェには入れず。。。

 

次回のお楽しみ、ですね。

 

 

ということで、

 

これにて、今回の遠征は終了です。

 

ありがとう、スイス、プラハ、ドイツ!!

 

 

これから帰国します!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 15:05 | - | - |
モーリッツブルク城

はい、ごきげんよう!

 

 

ドレスデン郊外にある

 

「モーリッツブルク城」

 

 

に行ってきました。

 

 

ノイシュバンシュタイン城を始め、

 

美しい城が多いことで有名なドイツ。

 

 

その中にあって、

 

有数の美しい城と称されるのが

 

このモーリッツブルク城です。

 

 

お城めぐりを趣味とする

 

ぼくとしては、

 

かねてから行ってみたいお城の1つで

 

ようやく念願叶いました。

 

 

寒い中でしたが、

 

そこそこ多くの人々が

 

訪れてます。

 

 

 

ここは、当時のザクセン選帝侯

 

アウグスト強王の狩りの城として

 

重宝されたことで有名。

 

 

今は

 

バロック博物館として

 

貴重な陶器や家具、馬車などが

 

展示されています。

 

 

内部は撮影禁止で

 

残念でしたが、

 

至る所に鹿の剥製が飾ってあるのが

 

インパクト大。

 

 

個人的には、マイセン磁器、

 

日本の古伊万里が見れたのも

 

とても良かったです。

 

 

休憩では、

 

ドレスデン名物のケーキ、

 

「アイアシェッケ」

 

とお茶を堪能。

 

 

尚、SLに乗っても来れるみたいですので、

 

晴れた日に、ぜひ再訪したいですね!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 15:47 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

プラハを出て

 

ドイツの

 

「ドレスデン」

 

にやってきました。

 

 

1年10か月ぶり、

 

3回目の訪問。

 

 

大好きな街ですし、

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 14:54 | - | - |
さらば、ドイツ!

はい、ごきげんよう!!

 

 

ドイツ、フランクフルトでの日々も

 

いよいよ最後となりました。

 

 

短い間でしたが

 

ゲーテハウスや、

 

シュテーデル美術館を中心に

 

腰を据えてじっくり堪能しました。

 

 

ありがとう、フランクフルト!

 

 

また来ます!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ドイツ遠征 | 15:23 | - | - |
シュテーデル美術館

はい、ごきげんよう!!

 

 

フランクフルトを流れるマイン川。

 

 

 

レーマー広場などの中心街から

 

この川を渡ると

 

通称

 

「博物館エリア」

 

があります。

 

 

 

川沿いの通りに

 

博物館や美術館がズラリ!

 

 

その中に、ドイツを代表する美術館の1つ、

 

 

「シュテーデル美術館」

 

 

があります。

 

 

 

質量ともに素晴らしく、

 

昔ながらの重厚さに、モダンさも兼ね備えた

 

とてもドイツらしい美術館です。

 

 

アンディ・ウォーホルの「ゲーテ」

 

 

子どもたちも、続々と勉強にやってきます

 

 

素敵なレストランやカフェもあるので

 

休みをとりながら

 

1日中、楽しむことができるのも嬉しいところ。

 

 

 

ちなみに、

 

ここには、フェルメールの代表作の1つ

 

「天文学者」

 

 

が収蔵されてるのですが、

 

ただいまパリにあるとのことで

 

見られず。。。

 

 

久々にじっくり見てみたかったので

 

残念極まりなし。

 

また来ねば!

 

 

それと、

 

シュテーデル美術館の中庭も興味深いです。

 

 

なんだか、宇宙船でも、やってきそうな気が(笑)

 

 

今回の滞在中、3回来ましたけど

 

何度でも訪れたくなる美術館です。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:01 | - | - |
フランクフルト名物

はい、ごきげんよう!!

 

 

フランクフルトは

 

ドイツ第5の都市であり、

 

昔から栄えてきたこともあって、

 

名物料理なども多くあります。

 

 

日本で最も有名なのは

 

やはり、

 

「フランクフルト=ソーセージ」

 

ですね。

 

 

本場のソーセージ盛り合わせは

 

人気メニュー!

 

 

ボリュームがすごいので

 

食べるのに一苦労ですが(笑)

 

 

それと、りんご酒。

 

寒い時期は、ホットでも楽しめます。

 

 

 

また、りんご酒を飲みながら

 

市内を一周するトラム、

 

 

「りんご酒電車 (Ebbelwein-Express)」

 

 

も、あります!

 

 

名物であること、そして人気があることの証ですね。

 

 

まだ乗ったことないですけど、

 

いずれぜひ。

 

 

スイーツでは

 

「フランクフルタークランツ」

 

が特に有名。

 

 

カットすると、こんな感じです。

 

 

濃厚なバタークリームが特徴で、

 

いわゆるケーキとは、だいぶ違う印象です。

 

 

日本でもユーハイムで食べられるみたいですが

 

本場と変わらぬ味かどうかは、未確認につき

 

わかりません。

 

 

その土地ならではの名物を味わえるのは

 

ぼくにとって大きな楽しみの1つです。

 

 

好みならば嬉しいですけど、

 

好みじゃなくても、それはそれで面白いですし。

 

 

むしろ、強烈に苦手なくらいの方が

 

笑えるネタとして使えるかも!?(笑)

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:32 | - | - |
ゲーテハウス

はい、ごきげんよう!!

 

 

ドイツが生んだ偉人、ゲーテ。

 

 

ドイツ文学、

 

さらには、ドイツの知の象徴ともいえる

 

世界的にも極めて大きな存在です。

 

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

若きウェルテルの悩み (岩波文庫)

 

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)

ファウスト〈1〉 (新潮文庫)

 

ゲーテ格言集 (新潮文庫)

ゲーテ格言集 (新潮文庫)

 

 

そんなゲーテの生家、

 

「ゲーテハウス」

 

がフランクフルトにあります。

 

 

今回、5年ぶり2回目の訪問!

 

 

思えば、

 

5年前に来た時は、

 

かなり雪が降り、風も吹いてたんで

 

辿り着くまでに一苦労。。。

 

 

昨日紹介したレーマー広場とは

 

また違った意味で

 

全く別の場所に思えます(笑)

 

 

ゲーテハウスは

 

中心街付近にあるものの

 

人通りの少ない、静かなところにあります。

 

 

中に入るとすぐに、

 

有名なゲーテのシルエットが!

 

 

ちょっぴり、お出迎えして

 

もらったような気分です(笑)

 

 

5階建ての生家は、どの部屋も美しい!

 

 

裕福な家庭に育ったゲーテの少年時代が

 

しのばれるようです。

 

 

また、生家の右には

 

ゲーテ博物館もあります。

 

 

 

ゲーテゆかりの絵画や彫刻などが

 

ずらりと並んでいて

 

非常に見応えあり。

 

 

5年前に初めて訪れた時とは

 

また違う感動、感じるものがあり、

 

何時間あっても足りないほど。

 

 

いずれぜひ再訪したいと思います。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:28 | - | - |
レーマー広場にて

 

はい、ごきげんよう!!

 

 

ドイツの中心地の1つ、

 

「フランクフルト」

 

へ、やってきました。

 

 

ドイツに来る際には

 

フランクフルト空港を使うことが大半なので、

 

ほぼ毎回フランクフルトも通ってます。

 

 

しかし、単に通ってるだけで

 

降りてないんですよ。

 

 

フランクフルトに泊まり、

 

町を歩いたのは

 

5年前の12月に一度だけ。

 

 

しかも、その時には雪が降ってましたし、

 

クリスマスマーケットめぐりがメインなので

 

あまりじっくり町を見てないのです。

 

 

ので、今回は、

 

通常のフランクフルトの様子を味わうのも

 

楽しみにしてます。

 

 

木組みの家々が印象的な

 

町の顔、

 

そして観光の目玉、

 

レーマー広場。

 

 

 

大道芸をやってる人も!

 

 

 

十分にぎやかなんですけど、

 

ぼくには、妙に静かに思えてしまいます。

 

 

というのも、5年前に来たときは、

 

ここでクリスマスマーケットが開かれていて

 

あふれんばかりの人、人、人!

 

 

身動きとれないくらいの感じだったので

 

同じ場所とは思えません(笑)

 

 

クリスマスマーケットと通常時との違いを

 

味わえただけでも

 

来た甲斐があったなぁ、と思う次第です。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:41 | - | - |
到着

はい、ごきげんよう!

 

 

おかげさまで、

 

無事に現地到着しました。

 

 

こちら、ドイツです。

 

 

寒い!(笑)

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:45 | - | - |

はい、ごきげんよう!

 

 

ドイツに到着した翌日、

 

マンハイム。

 

 

朝、カーテンを開けると

 

外は、どんよりと暗く、

 

これは曇りか、雨かな、と。

 

 

しかし、そのうち

 

だんだん明るくなり始め、

 

空の色が赤みを帯びて変わってきました。

 

 

やがて、遠くに見える工場、煙突、

 

流れ出る煙が

 

まるで影絵のように幻想的に!

 

 

ちょっとした感動の朝でした。

 

 

思いがけず、空に力をもらうこと、

 

しばしばあります。

 

ありがとう!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 23:59 | - | - |


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ