団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
ヨーロッパ唯一の絵本美術館

はい、ごきげんよう!!

 

 

トロースドルフ、

 

ほとんど誰も聞いたことのないような

 

ガイドブックにも載っていない、小さな町。

 

 

しかし、ここには、

 

なんと、

 

「ヨーロッパ唯一の絵本美術館」

 

があるのです!

 

 

まず、見た目からして夢がある!

 

昔のお城が、絵本美術館として使われています

 

 

館内は、蔵書2万5千冊以上、原画も1万以上。

 

期待以上に、面白い。

 

 

特に、

 

世界中の

 

「赤ずきんちゃん」

 

を集めた部屋は必見!

 

その数、1,000冊以上!!

 

 

引き出しの1つには、

 

『ミッフィー』でおなじみ、

 

ディック・ブルーナさんが描いた『赤ずきんちゃん』も!

 

 

それと、

 

今回、非常に楽しみだったのが、

 

世界的ベストセラー

 

『Vater und Sohn』

 

の原画展です。

 

告知ポスター

 

 

Vater und Sohn (Iris®-LEINEN mit Schmuckpraegung): Saemtliche Abenteuer

Vater und Sohn 

 

 

日本でもシリーズが翻訳されていて、

 

ファンの多い作品。

 

大好き!ヒゲ父さん―いたずらっ子に乾杯!

大好き!ヒゲ父さん―いたずらっ子に乾杯!

 

 

ごめんね!ヒゲ父さん―わんぱく小僧、どこ行った?

ごめんね!ヒゲ父さん―わんぱく小僧、どこ行った?

 

最高だね!ヒゲ父さん―いつも一緒に歩いていこう

最高だね!ヒゲ父さん―いつも一緒に歩いていこう

 

 

1階の全ての部屋を使って

 

大々的に行われていて、

 

見応え十分!

 

 

わざわざ見に来た甲斐がありました。

 

 

絵本を自由に読める部屋(図書室)もありますし、

 

1日たっぷり楽しめます!

 

 

それにしても、

 

こんな素晴らしいところが

 

日本で、ほとんど知られていないのは

 

何とも残念な話。

 

 

ま、他に観光するものがない小さな町ですし、

 

仕方ないといえば仕方ないですが。。。

 

 

絵本好きな方に、ぜひオススメします!

 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:24 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

ボンを出て、移動。

 

 

「トロースドルフ」

 

にやってきました。

 

 

たぶん、ほとんど誰も聞いたことない町だと思います。

 

 

さて、一体ここで何が!?

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 17:06 | - | - |
ベートーヴェンの故郷

はい、ごきげんよう!!

 

 

旧西ドイツの首都、ボン。

 

 

あの”楽聖”

 

ベートーヴェンの故郷としても知られています。

 

 

ぼくも好きなアルバムがたくさんありますよ!

 

 

ピアノ曲だと、

 

たとえば、

 

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」

ベートーヴェン:ピアノ・ソナタ「悲愴」「月光」「熱情」

 

とか

 

ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集

ベートーヴェン:四大ピアノ・ソナタ集

 

テンペスト~プレイズ・ベートーヴェン II

テンペスト~プレイズ・ベートーヴェン II

 

あたり。

 

 

交響曲なら、おなじみの

 

ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》&7番

ベートーヴェン:交響曲第5番《運命》&7番

 

や、

 

ベートーヴェン:交響曲第4番 [Import]

ベートーヴェン:交響曲第4番 

 

あたりは、かなり頻繁に聴いてます。

 

 

ボンの町の中には

 

期待どおり、いや、期待以上に

 

ベートーヴェンの像やオブジェなどが多数!

 

町の案内に必ず登場する、

 

ミュンスター広場にあるベートーヴェン像

 

 

壁画。

 

 

市庁舎前にも、オブジェが。

 

 

 

そして、

 

ファン必見なのが、

 

ベートーヴェンの生家。

 

 

1770年12月17日にこの家で生まれた、というプレート

 

 

現在は記念館として、

 

ベートーヴェンの使った楽器や楽譜などが

 

展示されています。

 

 

ここに来ると、一段と

 

ベートーヴェンが聴きたくなりますね(笑)

 

 

他には、

 

ロマネスク様式の重要建築物として知られる

 

ミュンスター教会。

 

 

ネアンデルタール人の骨が収蔵されていることで有名な

 

ライン州立博物館。

 

 

小さいながらも

 

見どころが多いです。

 

 

大学の町でもあり、

 

穏やかでいい感じですね。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 17:05 | - | - |
現地到着

はい、ごきげんよう!!

 

 

おかげさまで、

 

無事に現地到着です。

 

 

こちらはドイツ。

 

 

「ボン」

 

という町にやってきました。

 

 

あの偉大なる作曲家、

 

ベートーヴェンを生んだ町。

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:24 | - | - |
クリスマス!

はい、ごきげんよう!

 

 

クリスマスに

 

今年のお気に入りの一枚をどうぞ!

 

 

これは先日、

 

ドイツのコンスタンツで撮ったものです。

 

 

サンタ帽をかぶった集団と、

 

その先のビルに見えるサンタ装飾との

 

偶然のコラボ(?)!

 

 

面白かったんで、

 

今まで温存しました(笑)

 

お楽しみいただければ幸いです。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 23:16 | - | - |
ドイツのクリスマスマーケット!

はい、ごきげんよう!

 

 

コンスタンツは

 

ドイツ、スイス、オーストリアの三国が接する

 

「ボーデン湖」

 

沿いに位置する歴史ある町。

 

 

コンスタンツから

 

フェリーも出てますので

 

船旅を楽しむこともできます。

 

 

やはりというか、

 

ボーデン湖の景色は

 

美しい!

 

 

10月にスイスのロールシャッハで

 

ボーデン湖を見る機会があったんですけど、

 

その時は霧が濃くて、何も見えなかったんですよ。

 

 

今回、晴れてくれて、

 

気分もスッキリです(笑)

 

 

クリスマスマーケットは

 

ボーデン湖沿いの広場で

 

盛大に開催されてます。

 

 

昼もけっこう人が多いですが、

 

夜になると一層にぎやかに!

 

 

そして、ドイツのクリスマスマーケットの名物、

 

ホットワインをオリジナルマグカップで堪能。

 

 

今年のモデルは、

 

なにやら、かわいらしい絵柄。

 

 

ちなみに、コンスタンツは

 

旧市街も、なかなかいい感じです。

 

 

夜のイルミネーションと

 

とてもよく合います。

 

 

 

毎冬ドイツのクリスマスマーケットを

 

訪れるようになって、これで6年連続。

 

 

今年はスイス中心になりましたが、

 

まだまだ行ったことのないドイツの町がたくさんあります。

 

機会ある限り、いろいろ経験してみたいと思います。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:14 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

ベルンから大移動。

 

 

ドイツの

 

「コンスタンツ」

 

にやってきました。

 

 

6年連続でのドイツのクリスマスマーケット、

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 15:43 | - | - |
マイセンへ

はい、ごきげんよう!

 

 

ドイツ、及び

 

世界的な磁器の町として知られる

 

「マイセン」

 

にやってきました。

 

 

1年10か月ぶり、2回目。

 

 

前回は日帰りで訪れましたが、

 

はるかに期待以上の

 

素晴らしさに感激!

 

 

とても僕好みの町でしたので、

 

次回は1泊してじっくり楽しみたい、

 

と思い、この日を迎えた次第です。

 

 

まず、見たかったのは

 

アルブレヒト城の夜景。

 

 

前回来たとき、

 

地元の人から

 

「あと1時間したら、ここから最高の夜景が楽しめる」

 

と教えてもらいながらも見れなかったので、

 

ぜひ見たいな、と。

 

 

変な話ですが、この夜景を見れただけで

 

既に十分満足しました(笑)

 

 

町は相変わらず、

 

昔ながらの趣きあふれる

 

雰囲気たっぷり。

 

アルブレヒト城から見た町並み

 

町の中心、マルクト広場

 

 

まるで、おとぎの世界のようで

 

歩いているだけで心躍ります。

 

 

今回、特に楽しみにしてたのは

 

マイセンの磁器工場見学です。

 

 

以前は、磁器にさほど興味がなく、

 

町歩き最優先で

 

スルーしてしまいましたが、

 

今や、すっかり磁器マニアになり(笑)

 

 

今回は一番のお目当てです。

 

 

入場すると時間を指定され、

 

最初に作業工程の説明と実演。

 

 

作品が仕上がる過程が感じられるのは

 

とてもいいですね。

 

 

博物館は、実に素晴らしく!

 

 

期待以上の充実っぷりで、

 

丸1日かけてじっくり味わいたいくらいです。

 

 

残念ながら時間切れで

 

マイセンカフェには入れず。。。

 

次回のお楽しみ、ですね。

 

 

ということで、

 

これにて、今回の遠征は終了です。

 

ありがとう、スイス、プラハ、ドイツ!!

 

 

これから帰国します!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 15:05 | - | - |
モーリッツブルク城

はい、ごきげんよう!

 

 

ドレスデン郊外にある

 

「モーリッツブルク城」

 

 

に行ってきました。

 

 

ノイシュバンシュタイン城を始め、

 

美しい城が多いことで有名なドイツ。

 

 

その中にあって、

 

有数の美しい城と称されるのが

 

このモーリッツブルク城です。

 

 

お城めぐりを趣味とする

 

ぼくとしては、

 

かねてから行ってみたいお城の1つで

 

ようやく念願叶いました。

 

 

寒い中でしたが、

 

そこそこ多くの人々が

 

訪れてます。

 

 

 

ここは、当時のザクセン選帝侯

 

アウグスト強王の狩りの城として

 

重宝されたことで有名。

 

 

今は

 

バロック博物館として

 

貴重な陶器や家具、馬車などが

 

展示されています。

 

 

内部は撮影禁止で

 

残念でしたが、

 

至る所に鹿の剥製が飾ってあるのが

 

インパクト大。

 

 

個人的には、マイセン磁器、

 

日本の古伊万里が見れたのも

 

とても良かったです。

 

 

休憩では、

 

ドレスデン名物のケーキ、

 

「アイアシェッケ」

 

とお茶を堪能。

 

 

尚、SLに乗っても来れるみたいですので、

 

晴れた日に、ぜひ再訪したいですね!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 15:47 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

プラハを出て

 

ドイツの

 

「ドレスデン」

 

にやってきました。

 

 

1年10か月ぶり、

 

3回目の訪問。

 

 

大好きな街ですし、

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 14:54 | - | - |


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< May 2018 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ