団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむ美術好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
エッセン、そして

はい、ごきげんよう!

 

 

有名なルール工業地帯の中心的な町の1つ、

 

エッセン。

 

 

ぼくは、以前から気になっている美術館があり、

 

今回、満を持すしての初訪問です。

 

 

それは、

 

「フォルクヴァンク美術館」

 

 

近現代の世界の名画が集まる、

 

ドイツを代表する美術館の1つ。

 

 

ぼくの好きなスイスの画家ホドラーの傑作もあり、

 

楽しみにしてましたが、

 

期待以上!

 

 

館内の空間もいい感じで

 

非常に楽しめましたね。

 

 

ぜひ再訪したい美術館になりました。

 

 

それと、

 

エッセンの町は

 

「クリスマスマーケット」

 

でも有名らしいんですよね。

 

 

町中の各所で

 

クリスマスマーケットが展開されています。

 

 

恒例のマグカップも

 

さっそくゲット!

 

 

ハートの形は珍しいですね。

 

いい記念になります。

 

 

ちなみに、有名なクリスマスマーケットという割には

 

そこまでスゴさを感じなかったんですが・・・

 

 

日が暮れると、一変!

 

 

あっと驚く、光の世界に!

 

 

実は、

 

”光のクリスマスマーケット”

 

と呼ばれているらしいです。

 

 

暗くなるまで残っていて、

 

よかった(笑)

 

 

といったところで、

 

楽しかったドイツでの日々も

 

これにて終了です。

 

 

なんとも名残惜しい限りですが、

 

また必ず戻ってきたいと思います。

 

 

今年もありがとう、ドイツ!

 

 

いざ、日本へ!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 17:45 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

デュッセルドルフを出て

 

世界遺産もある工業都市

 

「エッセン」

 

にやってきました。

 

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:24 | - | - |
デュッセルドルフの町

はい、ごきげんよう!

 

 

ノルトライン=ヴェストファーレン州の州都で、

 

ドイツを代表する大都市の1つ、

 

デュッセルドルフ。

 

 

日本企業の欧州拠点になっていて

 

日本人が非常に多いのも特徴。

 

 

駅前からのメインストリートにも

 

日本関係の店が多くてビックリ。

 

 

ラーメン屋、旅行会社、

 

さらには書店まで!

 

 

えー、高木書店!?

 

いきなり日本に戻ったような錯覚が(笑)

 

 

そして、旧市街では、

 

名物の

 

「クリスマスマーケット」

 

も開催中。

 

 

これで8年連続でやってきた

 

ドイツのクリスマスマーケット。

 

 

クリスマスマーケット限定の

 

「オリジナル・マグカップ」

 

集めを趣味とする僕としては

 

どんな感じなのか、すごく楽しみ!

 

 

無事ゲット!!

 

 

クリスマスマーケットを通じて

 

町の雰囲気を知るのも

 

ぼくにとって大きな関心事です。

 

 

 

また、美術館や博物館も多くあり、

 

芸術家ゆかりの家もあります。

 

 

個人的には

 

好きな作曲家の

 

「シューマンの家」

 

が嬉しいですね。

 

 

ロベルトとクララが暮らした最後の家、とのこと。

 

 

もちろん、前夜から、

 

シューマンのCDをたっぷり聴いてから

 

行きましたよ!

 

シューマン : 交響曲全集 (Robert Schumann : Symphonien 1 - 4 / Sir Simon Rattle | Berliner Philharmoniker) [2SACD Hybrid] [輸入盤]

シューマン : 交響曲全集 

 

 

感無量ですね。

 

 

デュッセルドルフには、

 

大詩人ハイネの家もあります。

 

ハイネ詩集 (新潮文庫)

ハイネ詩集 (新潮文庫)

 

 

歩くほどに、

 

楽しさあふれる町です!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:37 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

ダブリンを出て、

 

空路、ドイツへ!

 

 

ドイツを代表する大都市の1つ、

 

「デュッセルドルフ」

 

にやってきました。

 

 

楽しみです。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 18:21 | - | - |
フランクフルト、そして

はい、ごきげんよう!!

 

 

フランクフルト。

 

 

近代的ビルや、博物館などがズラリと並ぶ、

 

ドイツの中心的な都市。

 

 

同時に

 

マイン川を始めとする自然、

 

昔の面影を感じる景色とが調和しています。

 

 

マイン川沿いから、

 

中心地のレーマー広場に向かって

 

歩くのが、お気に入りの散歩コースです。

 

 

 

そして、

 

フランクフルトに来たら

 

欠かせないのが、

 

世界の文豪ゲーテの生家、

 

『ゲーテハウス」

 

 

何度訪れても、いつも新鮮で、

 

いい刺激を受けてます。

 

 

ちなみに、

 

ゲーテハウスの周辺には

 

ぼくのお気に入りのカフェもあるので、

 

とてもくつろげます。

 

 

 

楽しかったドイツでの日々も

 

これにて終了です。

 

また必ず戻ってきたいと思います。

 

ありがとう、ドイツ!

 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:57 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

シュトゥットガルトから

 

ドイツの中心地の1つ、

 

 

「フランクフルト」

 

 

にやってきました。

 

 

 

何度も来てる、

 

おなじみの町ですけどね(笑)

 

楽しみます!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 17:16 | - | - |
文化都市シュトゥットガルト 

はい、ごきげんよう!!

 

 

シュトゥットガルトは、

 

バーデン=ヴュルテンベルク州の州都で、

 

ドイツ南部、

 

いわゆる

 

「黒い森」

 

を代表する都市の1つ。

 

 

同時にドイツ有数の文化都市として

 

芸術ファンの人気を集めています。

 

宮殿広場

 

州立劇場

 

 

ぼくの一番のお気に入りは

 

「州立絵画館」

 

です。

 

 

ベッリーニ、カラッチらの古典作品から

 

ピカソ、マティス、ムンク、ホドラー、

 

シャガール、カンディンスキー、ダリなど

 

近代の巨匠たちの傑作がズラリ。

 

 

館内は、デザイン的にもユニーク、

 

かつ広々としていて

 

ゆったり楽しむことができます。

 

 

 

ちなみに、

 

今回、ぼくの一番のお目当ては

 

「州立博物館」

 

です。

 

 

というのも、

 

児童文学の世界的傑作

 

『大どろぼうホッツェンプロッツ』

 

の展覧会が開催されているのです!

 

 

 

子どもの頃に

 

大好きだった本の1つです。

 

大どろぼうホッツェンプロッツ (偕成社文庫 (2007))

大どろぼうホッツェンプロッツ 

 

 

その新作が

 

ドイツで発売されたこともあり、

 

この展覧会も話題沸騰中。

 

Der Rauber Hotzenplotz und die Mondrakete

Der Rauber Hotzenplotz und die Mondrakete

 

 

まだ日本では発売されてませんので、

 

早く読みたい!

 

 

ということで、

 

やってきてしまいました。

 

 

非常に楽しい展覧会!

 

もちろん、新作もゲットです!!

 

 

 

また、シュトゥットガルトは

 

世界の車ファンの間で

 

人気の高い町です。

 

 

ダイムラーやポルシェの本社があり、

 

ベンツ博物館、ポルシェ博物館も!

 

 

活気あふれる町ですね。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:45 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

ハノーファーを出て大移動。

 

 

南部の都市、

 

「シュトゥットガルト」

 

 

にやってきました。

 

 

楽しみです!

 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:15 | - | - |
ハノーファーの町を歩いて

はい、ごきげんよう!!

 

 

ニーダーザクセン州の州都、

 

ハノーファー。

 

 

18世紀にはイギリス国王も兼ねた

 

「ハノーファー王家」

 

ゆかりの都市です。

 

 

町を歩くと

 

道の随所に

 

「赤い線」

 

 

が引かれていているのが

 

目に付きます。

 

 

実は、この線に沿って歩くと、

 

「36の観光名所」

 

を効率よく回れるようになっているんだとか。

 

 

ということで、

 

ぼくも少しだけお試し散歩を(笑)

 

 

一番気に入ったのは、

 

ルネサンス様式の市庁舎です。

 

 

まるでお城のよう!

 

実に好みですね。

 

 

少し先の

 

マッシュ湖畔には

 

「シュプレンゲル美術館」

 

が!

 

 

ピカソ、クレー、ベックマンら近代絵画が充実。

 

それと、館内には、

 

子どもたちのアートコーナーがあったり

 

芸術に親しめる工夫がなされていて

 

いいな、と思いますね。

 

 

 

ちなみに、

 

赤い線の範囲外、

 

少し離れたところも

 

すごくいいです!

 

 

ヘレンハウゼン王宮庭園の周辺、

 

ライネ川沿いが特に!

 

 

このまま風景画になってしまいそうな

 

ちょっとドラマを感じる場所です。

 

 

そして

 

お目当ての

 

「ヴィルヘルム・ブッシュ博物館」

 

 

昔の人気作家

 

ヴィルヘルム・ブッシュの記念館。

 

 

代表作の

 

『マックスとモーリッツ』

 

は、今でもドイツの定番本です。

 

マックスとモーリッツ (ほるぷクラシック絵本)

マックスとモーリッツ 

 

Max und Moritz: Eine Bubengeschichte in sieben Streichen

Max und Moritz

 

 

優雅な雰囲気のある

 

いい町ですね、ほんと!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | ドイツ遠征 | 17:16 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!!

 

 

ハンブルクを出て

 

 

「ハノーファー」

 

 

にやってきました。

 

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | ドイツ遠征 | 16:12 | - | - |


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ