団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
大作曲家たちが愛した町、リンツへ

はい、ごきげんよう!

 

 

ミュンヘンから一気に国境を越え、

 

オーストリア第三の都市、

 

「リンツ」

 

にやってきました。

 

 

 

 

気温は、マイナス1度!!

 

 

氷点下の世界です。

 

ドイツも寒かったですけど、

 

さらに寒くなった感じです。

 

 

でも、町に出ると

 

寒さなど一気に吹き飛びました!

 

 

リンツは、その美しさで有名で

 

多くの大作曲家たちを魅了してきたことで

 

知られています。

 

 

あのモーツァルトは交響曲『リンツ』を書き、

 

モーツァルト : 交響曲第35番「ハフナー」&第36番「リンツ」

モーツァルト : 交響曲第35番「ハフナー」&第36番「リンツ」

 

 

ブルックナーは、リンツの大聖堂で

 

12年もオルガン奏者を務めました。

 

ブルックナー:交響曲第8番

ブルックナー:交響曲第8番

 

 

ブッルクナーゆかりのものが多くあり、

 

毎年、国際ブルックナー音楽祭も開かれています。

 

 

昔ながらの荘厳な町並みは、

 

思わず

 

「おぉ、かっこいい!」

 

と言いたくなるほど。

 

 

同時に、現代アートやテクノロジー分野でも

 

注目を集めています。

 

 

その象徴的存在が

 

ドナウ川の向こう側にある

 

「アルト・エレクトロ二カ・センター」

 

 

夜になると、センターだけでなく、

 

橋もライトアップされ、

 

非常にいい感じです。

 

 

他にも、リンツ城やレントス美術館、

 

山の上にそびえる白亜の教会など

 

見どころが実に豊富!

 

 

あ、個人的には

 

天使が空を飛ぶイルミネーションも

 

お気に入りです。

 

 

いろんなポーズをとってるんで

 

かわいいんですよ、ほんと(笑)

 

 

好きな町が、また1つ増えました。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | オーストリア遠征 | 18:46 | - | - |
さらば、オーストリア!
はい、ごきげんよう!!


インスブルックに帰ってきました〜


7月23日のブログの写真と比べて

見ていただくとわかりますが、

晴れると、町の向こうに、山がバッチリ見えます!



今度来るときは、

晴れた日に登山したいですね(笑)


インスブルックを中心に

オーストリア中部から西部を

ぐるりと周遊してきた旅も、これにて終了です。


名残惜しい限りですが、

日本に帰ります!


ありがとう、オーストリア!!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 15:24 | - | - |
童話の世界そのもの! フェルトキルヒ
はい、ごきげんよう!!


電車を2回乗継ぎ、

合計、なんと6時間!


オーストリアの西端、

スイスとの国境にある町、

フェルトキルヒにやってきました〜




町のシンボル「ねこの塔」

なぜ猫なのかは知りませんけど(笑)


小さな町ですが、

ここは、まるで童話の世界そのもの!


中世の面影が、町中に感じられます。










川の水の色が、薄いエメラルドグリーンなのは、

山からの雪解け水ゆえ、とのこと。




どこもステキな所ばかりで、

いくら写真を並べても足りないくらいです!


お気に入りの書店も見つけましたよ〜



その名も”セルバンテス”!


あの世界的名著『ドン・キホーテ』の著者から

名付けたものです。
 
ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)
ドン・キホーテ〈前篇1〉 (岩波文庫)


本とワインを楽しめる店で

素晴らしいこと、この上なし!


今度は、何日か滞在して、

じっくり通いたいですね。



アラジンと魔法のランプ!

大道芸も盛んです。


ここは、人口わずか3万人という小さな町で

ガイドブックにも、

ほとんど情報ナシ。


こんな素晴らしい所が

ロクに知られていないなんて、

もったいない限りですね、ほんと。


ぼくは、このまま、

ここに住みたいくらいです(笑)


世界には、

まだまだ未知の素晴らしい町が

たくさんありますね。


これからの、新たな楽しみが増えました。


フェルトキルヒ、

興奮冷めやらぬ、感動の連続でした。


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 14:41 | - | - |
まるで、おとぎの国! リエンツ
はい、ごきげんよう!!


ザルツブルクを出て、

リエンツという町にやってきました〜




行ったことがある人どころか、

知ってる人も少ないと思います。


ザルツブルクから、電車を乗り継いで

3時間半くらいです。



道中、ずっと山間を走るので

景色がいいんですよね〜



ワクワクして、長さを感じなかったです。


リエンツに来た目的は、

美術館なんですけど

町そのものが予想以上に素晴らしく!


まるで、おとぎの世界のよう。







非常に、ぼく好みの雰囲気ですね。


さらに、

町のいたるところに

花が飾られているのが、また良いんです!



普通の家のベランダが

まるで、お花屋さんみたいですし!


楽しみにしていた美術館が

だんだんどうでもよくなってくるほど(笑)


美術館こと、

ブルック城は、町はずれにあります。



その名もリエンツという画家の作品を中心に

数多く飾られています。


大いに堪能しました〜




ブルック城の塔から見た

​リエンツの町並み


こういう小さな町は、

ガイドブックにも軽くしか載ってないですし、

情報もすごく少ないです。


実際に来てみないと、良さがわかりませんね。。。


歩きながら、つくづくそう感じた次第です。


で、明日は、さらに無名そうな町(?)に

行く予定です(笑)

お楽しみに!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 15:42 | - | - |
サウンド・オブ・ミュージックの舞台へ
はい、ごきげんよう!!


ザルツブルクといえば・・・


モーツァルトと並んで、

もう1つ、町の顔となっているものがあります。


それは、あの大人気映画、

「 サウンド・オブ・ミュージック 」

です。
 
サウンド・オブ・ミュージック 製作45周年記念HDニューマスター版 [DVD]
サウンド・オブ・ミュージック  [DVD]


この作品の名場面の数々は、

ザルツブルクが舞台となっていて、

世界中から多くのファンが集まります。


中でも、


「 ミラベル宮殿 」


が人気のマト!



最高に素晴らしい!


今にも

”ドレミの歌”

が聞こえてきそうです。



ペガサスの泉





宮殿、噴水、お花、

そして、それらを楽しむ人々・・・


全てが、さわやかで

のびのびしていて、

おおらかな気持ちになります。


とても気に入ったので、

日中はもちろん、

早朝の散歩にも来てしまいました☆


おもわず歌いたくなりますよ、ほんと(笑)


さて、次の町へ行ってきます〜


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 14:34 | - | - |
ザルツブルクの町並み
はい、ごきげんよう!!


今日は、ザルツブルクの町並みを

少しご紹介します〜


散歩してるような気分で

お楽しみいただければ幸いです。



ザルツァッハ川を隔てて見る旧市街。


一番高いところに見えるのが

町のシンボル、ホーエンザルツブルク城です。


最もにぎやかな通りは、こちら。



ゲトライデガッセといいます。

各店の装飾看板が特徴で

とても有名です。



そして、

世界的な人気を誇る

ザルツブルク音楽祭が行われる

祝祭劇場!



開演前には、セレブを始め、

正装姿の人びとがズラリと並び、

独特の雰囲気を醸し出します。


あと、レジデンツ広場の噴水も見逃せません!



昔からある荘厳な建物と

豊かな自然とが調和した

なんとも素晴らしい町。


いくら散歩しても飽きることがありません!


明日は、ザルツブルクの

もう1つの名物をご紹介します。

お楽しみに!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 14:56 | - | - |
モーツァルトの故郷
はい、ごきげんよう!!


お待たせしました〜


モーツァルトの故郷として知られる

ザルツブルクにやってきました!


なるほど、モーツァルトがいっぱいです。


一番人気は、モーツァルトの生家。


中が博物館になっていて、

モーツァルトゆかりの貴重なものを

見ることができます。


それと、モーツァルト広場にある

銅像!



この前で記念写真を撮りたい人が

ズラリ待ち構えています。


人がいなくなるタイミングを

待つのも大変(笑)


それと、上の2つほど人気ではないのですが、

モーツァルトの住居もあります。



モーツァルトは、この2階に住んでいたことがあり、

中も博物館とは言わないまでも、

楽譜などの貴重な資料が並んでます。


モーツァルトファンの僕としては

嬉しい町ですね、ほんと!


でも、それ以上に

この町を歩くことが気に入りました。


明日は、そんな町の様子をお伝えできれば、

と思います。


では、今日もステキな1日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 14:14 | - | - |
チロルの名物グルメ!
はい、ごきげんよう!!


いつもなら、


「 オーストリア、天気は快晴・・・ 」


と始めたいところなのですが、

この国、特にチロル地方は

いまの天気は全く当てになりません。


快晴かと思ったら、

すごい雨が降ってきたり、

コロコロ変わります。


いつどうなってもいいように

準備が必要、と身に染みて感じますね。


さて、


「 チロルのグルメ話が聞きたい 」


というご要望を続々いただいてますので

ご紹介します〜


まずは、コチラ。



チロルの伝統料理の盛り合わせです。

クネーデルという、お団子みたいなものを

中心に構成されてます。


これを食べた店は、1390年創業という超老舗、

ゴルデナーアドラー。


あのモーツァルトやゲーテら、

歴史的著名人も多く訪れた、とのこと。



来店年時と名前が入ったプレート、

お店の外壁にかかってます。


ゲーテも、モーツァルトも好きな

僕としては、絶対逃せない店ですね(笑)


一般的なオーストリア料理とは、

また一味違った、チロル伝統の味を

楽しませていただき、感謝感謝です。



すっかりお気に入りになったインスブルックですが、

そろそろ次の地に移動します。


さて一体どこに!?


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 14:52 | - | - |
ノルトケッテ連峰、登山!
はい、ごきげんよう!!


滞在中の町、

インスブルックからすぐ見える

一番近い山がノルトケッテ連峰です。


せっかく来たので、登山を楽しもうと

挑戦してみました!


目標は、標高2,334メートルの

ハーフェレカーです。


といっても、

ふもとから歩くのではなく、

途中まで、ケーブルカーに乗りましたけど(笑)


ケーブルカーを降りた

約800メートル地点から

インスブルックの町を見下ろすと

こんな感じです。



昨日は下から見て、今日は上から・・・


なかなかの景色です!


一番高い所から見る景色は

さぞ素晴らしいに違いない!


と思い、ワクワクして進んでみたのですが・・・


途中から天気がどんどん悪くなり、

みるみる視界が遮られていきました。


そして、

山頂が近づく頃には

ほとんど何も見えない状態に。。。



先を行く人の影が、ぼんやり見えるのが

わかります?


数えてみると、

1,2,3・・・


一応、6人写ってますね(笑)


雨も降ってきて、

すごく寒くなり、

何度も、何度も

あきらめようかと思いましたが・・・


ただただ、根性あるのみ(笑)


道がしっかりしてるのが

救いでしたね。


そして、いよいよ山頂も目前。




やった!


ついに到着!!!


しかし、


何とか辿り着いた山頂からの景色は、



あれあれ?


全く何も見えず(笑)


ほんと、笑うしかないですね。


足元しか見えません。


というわけで、

なんとも、トホホな登山となりました。


悔しいので、

いつか、晴れの日に出直すぞ!


と一瞬思いましたが、

これはこれで貴重かな、とも(笑)


いやはや、いい経験でした。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 16:42 | - | - |
インスブルックの町
はい、ごきげんよう!!


オーストリア、天気は曇りです。


涼しいというより、寒いに近いかもしれません。


以前、夏にウィーンに来たときは

けっこう暑かったので、

ちょっと油断してました(笑)


ちなみに、今いるのは

インスブルックという町です。


チロルと呼ばれる地方の中心都市で、

ウィーンからは、特急で4時間強くらい

かかります。


印象としては、のどかな田舎町、

という感じでしょうか。




山があり、川があり、

さらには、この地方独特の豊かな文化もあって

非常に興味深いです。


明日は後ろに見える山に

登ってみようかな、と思ったりしてます。


では、今日もステキな一日になりますように・・・
| 団長 | オーストリア遠征 | 15:24 | - | - |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ