団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< 挑戦の結果は?? | main | ぎっしりDAY >>
ピンクのバラ
はい、ごきげんよう!


たまには、珍しい話でもしましょう。


ってか、

講演でも一度も語ったことのない
僕の大学時代の話を
少しだけします。


ぶっちゃけ、



世間でいうところの


「 今どきの大学生 」


という言葉が
ピッタリあてはまる学生だったと思います。


もちろん、いい意味ではなく、
ロクでもない方のですが(笑)


まず、サボリが基本、
そして、仮に学校に行ったときでも
授業にまともに出ることもなく(笑)


あるとき、

学年必修の授業を抜け出して
学内をフラフラしてると、

後ろから



「 おい! 」



と呼び止められました。



「 ヤバイ、見つかった…」


と気まずい気分でゆっくり振り返ると

学年主任のS教授が立っていました。


あぁー怒られるな、こりゃ、と

腹をくくったところ、

なんと!


予想だにしない一言が!!



「 おまえのそのシャツ、いいな。

  どこで買ったんだ?」


と(笑)


アラララ。。。


すっかり拍子抜けしまくりでした(笑)


S教授は、地味な人が多い大学教授の中にあって
珍しいくらいオシャレな人で
細身でスラーっとした体型、
ジャケットの下に花柄のシャツをよく着ていました。

いいオヤジなんですが、
イキでちょっとクールなところが
かっこよくて。


この件があってから
僕はS教授に興味を持ち、
卒論指導を受けるゼミにも入りました。


教授の専門学問に興味があったわけではなく、
この人のゼミなら退屈しなそうだな、と(笑)


実際入ってみたところ、
眠たいことも多かったんですが(笑)、
要所でイキな大人の生き方を教えてくれました。


料亭でのマナーを教えてくれたり、
ちょっとオシャレな店に連れて行ってくれたり、
それと教員専用の食堂にも(笑)

多少の悪さにも目をつぶってくれました。


飄々と懐の深さを示す一方で、



「 どうだ、このジャケット、いいだろ? 」



と、クールさの中に子供っぽさが垣間見えるときも
あったり(笑)


そんな感じでユニークな人だったんですが、
卒論だけは異様なほど厳しく、
一切の妥協を許しませんでした。


僕の書いた卒論、3回ハネられましたんで(笑)


結局、ゼミの研究室に泊り込んで
イスの上でたまに仮眠しながら
3日間徹夜して、やっとOKが出ました(笑)


後にも先にも、
こんな経験はもうないのではないかと思います。


この教授との付き合いは卒業後も続き、
たまにメールのやりとりをしたり
飲みに連れて行っていただくこともありました。


宴席で


「 おまえの靴下、面白いな。
  どこで買ったんだ? 」


と言われたときには、笑いましたが(笑)


僕が韓国でライブをしたり、
本を出したり、テレビに出たりしたときも
非常に喜んでくれて


「 ウチのゼミから芸能人が出た! 」


と後輩や周囲に自慢してたらしいです(笑)



実は今日、

この愛すべき恩師の
告別式がありました。


福岡遠征中に突然の訃報を聞き、
ショックで呆然となりました。。。


おしゃれな先生のために、
3ピースの黒スーツを着て、
カラフルな新しいソックスをおろして
最期の別れに行ってきました。


イキな教授らしく、
いわゆる告別式とはちょっと違って、
エンディングは、
全員でピンクのバラを献花して終わる、
というものでした。


知らなかったんですが、

教授はバラを大変愛していて
家の庭で育てていたそうです。


そのへんの趣味も
僕と似ていたみたいで
ちょっと運命的なものを感じましたね。


悔やまれるのが
教授との約束を果たさないままに
なってしまったことです。


この数年、ごぶさたしてしまって
毎年年賀状に

「近いうちに大学に遊びに伺います!」

と書いていたんですが、
果たさずじまいで。。。


で、


「おまえ、遊びに来る来るって言って
 いつになったら来るんだ?」


とつっこみメールが来たこともありました(笑)


こんなことになるなら、
もっと早く行けばよかった、と
悔やんでも悔やみきれませんが、
これも教授からの


[ 最後の教え ]


かもしれません。



親孝行したいときに、親はナシ

恩返ししたいときに、恩師ナシ


という言葉がありますが、
人生、明日はどうなるのか、わからないと
身にしみて感じました。


人生に、今度、いつか、という言葉はないんですよね。


だから、



今できることを精一杯やる!

ダラダラしないで、すぐにやる!

やりたいこと、興味あることを躊躇なくやる!


ことを改めて心に刻んだ次第です。


恩師への感謝と敬意を、
ピンクのバラの記憶とともに
まずは今日、そして2008年の残り1ヵ月半を
大いに楽しみます!!


では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | 心の声 | 19:57 | - | - |


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ