団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< 感想、どうもありがとうございます! | main | プリンセス・アップルが語る「世界大航海」 >>
バトラーが語る「世界大航海」!
はい、ごきげんよう!!

久々に熟睡できました!!


実に気持ちのいい朝です(笑)


さて、ロックオペレッタ「世界大航海」の

キャストから、みんなへのメッセージを

お届けします。


まずは、バトラーの2人から。

------------------------------

バトラー・ムー(福岡公演)より



いやぁ、演じる側からしても面白かったですね!

リハまでは棒読み台詞でやりましたが、
本番で隠し玉を炸裂させました(笑)!

アドリブに見える展開を繰り出して正解だと思いました!

結果的に殿下達に勢いのあるアドリブを
生み出せたのは楽しかったですね!

福岡のステージを見に来てくださったみなさん、
ありがとうございました!

----------------------------------


バトラー・ムーには、やられましたよ!!

リハのとき、大丈夫かな、と本気で心配になりましたから(笑)

彼は空気を読むのも非常に上手く、
会場の笑いをドカーンと集めていました。

僕も笑いをこらえるのに必死でした(笑)


そして、東京、

-----------------------------

バトラー・チャン(東京公演)より



ここでぶっちゃけますと、バトラー・チャンの正体は、
団長の著書『夢は見つかる 必ず叶う!』を担当した、
書籍編集者なのでございます。

当日、知りあいの中にも、バトラー・チャンが
私だということをご存じないまま来場され、
いきなり出てきた私にビックリされた方も多く、
「舞台に出て行っただけで、ウケる」という、
おいしいところをいただきました。

執事らしくキチンとしているところと、
バトラー・チャンのキャラとしてイメージしていた
「ビビリのお調子者」というテンションの振り幅を
おもしろく感じていただけたとしたら、とってもうれしいです。

殿下と王子は、ほんとにいつもどおりの2人の関係性が
お芝居の中でも発揮されていて
袖から観ていても完璧だったと思います!

バトラー的には、ステージ、客席が最高潮に盛り上がっている中、
出番が来るまで真っ暗な舞台袖でじっとしていなきゃならないのに、
思わずうちわ持ってステージに出て、
歌って踊っちゃいそうになる自分を抑えるのが、
実は一番つらかったです。ヾ(≧∇≦)〃 。

2時間という短い時間でしたが、
私も「一里塚華劇団」の一員でいられたことが
たまらなくうれしかったです。

皆様、ラブリー・サンキュー♪

-----------------------------


バトラーの役柄をイメージしたとき、
真っ先に浮かんできたのが
バトラー・チャンこと、中嶋睦夫さんでした。

中嶋さんは演劇の演出を何年も経験した実績もあり、
そのキャリア、そしてそれ以上に個性が魅力でした。

そこに立ってるだけでも笑えるといいますか(笑)

ちなみに、自分が舞台に立つのは、初とのこと。

本番中セリフを忘れて、タジタジになってるところも
妙におかしかったです(笑)


終演後、見に来ていたお嬢さんから
ミスを注意され、すっかり恐縮している
良きパパっぷりにも笑えました(笑)


バトラーの2人、素晴らしい存在感を
どうもありがとうございました!


後ほど、引き続き他のキャストの声も
お届けします〜


では、今日もステキな1日になりますように…
| 団長 | 一里塚華劇団 | 11:22 | - | - |


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ