団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< Kawasaki 人気沸騰中! | main | まさにシンクロ!? >>
村上春樹本とわたし
はい、ごきげんよう!!


さて、村上春樹さんの新刊



が話題です。


「もう読みました?」


と、たびたび聞かれるんですが、

残念ながら読んでません。


何かの機会がないと

このまま読まない可能性もあります。


では、村上春樹作品に興味がないか?

といえば、

そういうわけでもないんです。


小説こそ、そんなに読んでませんが、

エッセイの類は、ほぼ全部読んでます。


それどころか、持ってます(笑)


ハードカバー(単行本)で。


お気に入りトップ3は、コチラ。


小澤征爾さんと、音楽について話をする




これらは、書評を書いたり、

ラジオ番組で紹介したこともあります。


エッセイの文章も、モノの考え方も好きですね。



あと、もう書店では入手できないんですが、

非常に気に入ってるのは、コチラ。



これは読者の質問に、

村上さんが軽妙に答えていく問答集。


珍問を煙に巻くテクに大笑いしたり、

深い回答に唸らされたりで

かなりのお気に入りです。


このシリーズは3冊あり、

どれも面白いのに、

いまや、中古でしか入手できません。


なんてもったいない!!


知らない人も多いんじゃないでしょうか?


ファンじゃなくても、

読んでおくべき1冊ですよ、これは。


ちなみに、春樹作品の海外版は

一冊しか持ってません。


しかも、ドイツ語版(笑)


こちらです。



直訳すると、「危険な恋人」です。


もちろん、そんなタイトルの春樹作品は

ありません(笑)


では、原題は一体なんだと思います??




・・・けっこう難問かもしれませんね〜



原題とかけ離れたタイトルですし。



正解は、、、、





です。



あまりに違う雰囲気ですよね〜


『国境の南、太陽の西』と『危険な恋人』では(笑)


ぼくも、最初わからなかったですし。


買った理由は、まぁ、

勢いですね(笑)


ドイツで、たまたま目にしたんで、

これも縁かな、と。


村上春樹らしい文体が

ドイツ語に訳されたらどうなるのかな、

くらいの軽い好奇心で。


その点は、最初の1ページを読んだだけでも

かなり満足できましたけど(笑)


翻訳者の努力の跡が感じられて

2倍楽しめました。



本との出会いも

ぼくにとっては、ほんとに縁です。


ゆえに、今は春樹小説は

あまり読んでませんけど、

何かのキッカケで、一気にハマる可能性もあります。


そんなことも含め、

いい本との出会い、すごく楽しみです!


では、今日もステキな1日になりますように・・・
 
| 団長 | | 23:24 | - | - |


      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ