団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむ美術好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< 夢をあきらめない! | main | 年末スイーツ会 >>
パイドパイパー

はい、ごきげんよう!!

 

 

年の瀬も近づいてきましたね。

 

 

まだ今年を振り返るつもりはないのですが、

 

今年読んだ本の中で

 

印象的だったものを

 

何回かに分けて紹介できたら、と思います。

 

 

まずは、こちら。

 

 

パイド・パイパー - 自由への越境 (創元推理文庫)

パイド・パイパー - 自由への越境 

 

 

ちょっと昔のイギリスの小説ですが、

 

最近、なぜか書店の店頭に平積みされてました。

 

 

一言でいうなら、

 

イギリスらしい、というか、

 

好きな世界観なんですよね。

 

 

特に劇的なわけでもないのですが、

 

読みだしたら、やめられない。

 

続きが気になってしまう。

 

 

今、こういう雰囲気のする作品って

 

めったにないですし、

 

読書を通じて、いい時間を持てた感じです。

 

 

絵も写真もないのに、

 

世界観や雰囲気が味わえる、って

 

素晴らしい!

 

 

読書の妙味を感じる一冊ですね。

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

 

| 団長 | | 23:05 | - | - |


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< April 2020 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ