団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむ美術好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< 思い出 | main | 今日の一冊:『暗夜行路』 >>
今日の一冊:『小僧の神様・城の崎にて』

はい、ごきげんよう!!

 

 

日本の短編小説といえば、

 

まず頭に浮かぶのが、こちら。

 

 

日本を代表する文豪・志賀直哉の代表作。

 

 

実は、本書は

 

個人的に思い出の一冊なのです。

 

 

ぼくが読書に関して、

 

祖父の影響を受けていることは

 

『団長読書教室』

 

 

にも書きました。

 

 

その祖父から

 

読んでおくように勧められたのが

 

本書なのです。

 

 

志賀直哉の文章から学べることが

 

たくさんある、と。

 

 

学校の国語や、

 

文学史でも習う文豪なので

 

読んだことある方も

 

多いかもしれません。

 

 

が、なにげに読んだことない人も

 

かなり多いのを、ぼくは知ってます(笑)

 

 

興味ありましたら、どうぞ。

 

 

小僧の神様・城の崎にて (新潮文庫)

小僧の神様・城の崎にて 

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | 短篇小説 | 23:30 | - | - |


     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< May 2020 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ