団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむ美術好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< ムーンライズ・キングダム | main | 今日の一冊:『マリー・アントワネット』 >>
忘れじの面影

はい、ごきげんよう!

 

 

今日も映画の話を。

 

 

見ようと思ってDVDを買っていたのに

 

開封してなかった古典映画を

 

ついに見ました。

 

 

こちらです。

 

忘れじの面影 [DVD] FRT-114

忘れじの面影 

 

 

昔のアメリカ映画の傑作(1948年)。

 

 

舞台は、1900年のウィーン。

 

原作は、オーストリアの文豪シュテファン・ツヴァイク。

 

 

物語的には、いたってシンプルなので

 

あらすじを読んだりするよりも

 

サクっと見た方が早いですね。

 

 

美しく、かつ、世知辛く、

 

華やか、かつ、泥臭く。

 

 

といった具合に、

 

時代の空気感、

 

そして、ツヴァイクの世界観が感じられて、

 

いいですね。

 

 

ぼくにとっては、

 

芸術映画そのもの。

 

 

ちなみに、

 

同じツヴァイクの小説を原作とした中国映画も

 

あるようです。

 

見知らぬ女からの手紙 [レンタル落ち]

見知らぬ女からの手紙 

 

 

舞台が北京に変わってるようですが、

 

どんな感じの世界を描けてるのか、

 

ちょっと気になるところです。

 

 

日本でも舞台化されていますし、

 

時や国を越えて響く

 

「何か」

 

があるはずです。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | 映画 | 23:19 | - | - |


  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930   
<< September 2020 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ