団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむ美術好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
<< 今日の一冊:『もし僕らのことばがウィスキーであったなら』 | main | 一通のメール >>
今日の一冊:『もし川がウィスキーなら』

はい、ごきげんよう!!

 

 

昨日の村上春樹氏のエッセイについて、

 

少し。

 

 

似た雰囲気のタイトルの

 

アメリカ文学があるんですよ。

 

 

これです。

 

もし川がウィスキーなら

もし川がウィスキーなら

 

 

短編集なんですけど、

 

そのメインになってるのが、

 

『もし川がウイスキーなら』

 

であります。

 

 

著者は、T.コラゲッサン・ボイル。

 

 

村上春樹氏と同年代の作家で、

 

数々の作品を出しているものの、

 

日本では、あまり翻訳されてません。

 

 

20年くらい前に翻訳されたのが最後ですね。

 

 

実は、その翻訳されてないボイル作品を求めて、

 

アメリカの書店を探し回ったことがあります(笑)

 

 

なつかしい思い出です。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | | 23:28 | - | - |


   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ