団長の五感ブログ★

年間1,000冊以上の読書、200本の映画を楽しむスイーツ好きなロックスター・
一里塚華劇団の団長が、ピピっときた出来事や想いを毎日綴る、撮る!
のどかな港町ペンザンス

はい、ごきげんよう!

 

 

コーンウォール州のペンザンス。

 

 

のどかな港町、

 

という印象で

 

海を抜きにしては語れません。

 

 

 

海沿いは遊歩道になっていて

 

かなり長い距離を歩くことができます。

 

 

 

町中も派手さは全くなく、

 

小さな店が並んでいます。

 

 

 

アンティーク店や

 

歴史ある飲食店が並ぶ一角もあり、

 

落ち着いた大人の町、という感じです。

 

黒地に白十字がコーンウォール州の州旗

 

 

グルメの名物は

 

「コーニッシュ・ペイストリー」

 

というパイが有名。

 

 

また、ミルクの産地として知られていて

 

中でもクロテッドクリームは

 

「コーニッシュクリーム」

 

と呼ばれるほど!

 

 

実は、この特産クリームに興味があり、

 

「コーニッシュクリームティー」

 

をすごく楽しみにしていました。

 

 

 

スコーンの上でとろける感じが最高!

 

 

英国らしいテーブルクロスやカップなども

 

楽しいお茶の時間を演出してくれます。

 

 

せっかく食べるなら

 

雰囲気も味わえるところがいいですから

 

最近はティールーム探しにも

 

熱が入ります(笑)

 

 

ここは、他のイギリスの町と異なる趣きがあり

 

文化や歴史ともども興味深いことだらけです。

 

 

人々も温かく、

 

行く先々で

 

心に残るひとときが過ごせました。

 

 

 

再訪する際には

 

近郊の町々にも

 

足を延ばしたいと思います。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 17:13 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

ウィンチェスターを出て

 

大移動。

 

 

南と西の果てにある

 

コーンウォール州の

 

「ペンザンス」

 

 

にやってきました。

 

 

 

ケルト系の独特の文化を持つ地域ですし、

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | イギリス遠征 | 15:06 | - | - |
古都ウィンチェスター

はい、ごきげんよう!

 

 

南部ハンプシャー州にある

 

古都ウィンチェスター。

 

 

歴史的な建造物も数多く残り、

 

中世の雰囲気が漂います。

 

 

その筆頭は

 

ウィンチェスター大聖堂!

 

 

最初に建てられたのは、なんと648年!

 

現在の形になったのが1404年とのことで

 

極めて長い歴史を持ちます。

 

 

堂々たる外観に違わず、

 

中も素晴らしい!

 

 

奥行き170mの

 

ヨーロッパ最長の身廊があります。

 

 

また、この町は

 

イギリスを代表するとともに

 

世界的な女流作家

 

ジェイン・オースティンが

 

最晩年を過ごしたことでも知られています。

 

 

オースティンといえば、

 

たびたび映画化、ドラマ化されてきた

 

不朽の名作

 

高慢と偏見 [DVD]

高慢と偏見 [DVD]

 

プライドと偏見 [DVD]

プライドと偏見 [DVD]

 

高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫)

高慢と偏見〔新装版〕 (河出文庫)

 

などで有名。

 

 

ウィンチェスターには

 

オースティンが最後に暮らした家があり、

 

ファンの聖地となっています。

 

 

 

以前、読書会でオースティンを題材にして

 

朗読&講義したことがあり、

 

今回訪れるのをすごく楽しみにしていました。

 

 

ちなみに、ウィンチェスター大聖堂内には

 

オースティンの墓があり、

 

その付近には、オースティンの半生を描いた

 

ボードもいくつか飾られています。

 

 

 

他にも、アーサー王ゆかりの円卓がある

 

グレートホール、

 

イギリス最古のパブリックスクール、

 

ウィンチェスターカレッジもあり、

 

見どころ豊富。

 

 

イッチン川沿いの遊歩道は

 

緑の中にかわいい家が並んでいて

 

ぼくの一番のお気に入りです!

 

 

大好きな町がまた1つ増えました。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | イギリス遠征 | 17:50 | - | - |
到着

はい、ごきげんよう!

 

 

おかげさまで、無事現地に到着しました。

 

 

こちらは、イギリスです。

 

 

イギリス南部の古都

 

「ウィンチェスター」

 

にやってきました。

 

 

 

どんなワクワクが待っているのか、

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 17:26 | - | - |
さらば、イギリス!

はい、ごきげんよう!

 

 

ロンドンに戻ってきました。

 

 

そして、

 

楽しかったイギリスでの日々も

 

残すところ、あとわずか。

 

 

おかげさまで、

 

非常に充実した時間を

 

過ごすことができました。

 

 

この経験を

 

これからに活かしていきます!

 

 

ありがとう、イギリス。

 

必ずまた帰ってきます!

 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 21:40 | - | - |
オックスフォードを歩く

はい、ごきげんよう!

 

 

オックスフォードといえば、

 

なんといっても

 

「オックスフォード大学」

 

ですよね。

 

 

中でも有名なのは

 

クライストチャーチ。

 

 

映画ファンの間では、

 

あの『ハリーポッター』の

 

大食堂の舞台になってることでも有名。

 

 

連日、オックスフォード大学の見学に

 

多くの観光客が訪れます。

 

 

それと、

 

『不思議の国のアリス』

 

の著者ルイス・キャロルは

 

オックスフォード大学の教授であったことから

 

アリスゆかりの地としても人気。

 

 

クライストチャーチのすぐ近くに

 

アリスショップもあります。

 

 

いろんなグッズも売っていて

 

ファンには、たまらない場所です。

 

ぼくも、いろいろゲットしました(笑)

 

 

美術関係では、

 

アシュモーリアン博物館は必見。

 

 

質量ともに、

 

イギリスを代表する博物館の1つですね。

 

 

ま、名所を訪れなくても

 

活気ある町の雰囲気を味わうだけでも

 

十分楽しめますよ!

 

 

 

では、今日もステキな1日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 17:25 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

ライを出て

 

イギリス東部オックスフォードシャー州にある町、

 

「オックスフォード」

 

にやってきました。

 

 

 

世界最高峰のオックスフォード大学があり、

 

日本でもかなり有名ですよね。

 

楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 17:09 | - | - |
英国、中世の魅力、ライ

はい、ごきげんよう!

 

 

イギリス南東部、

 

中世の趣きあふれる町、ライ。

 

 

来てみて、その人気の理由がよくわかりました。

 

 

かわいい家々が並び、

 

まるで童話の中に迷いこんだかのよう!

 

ライの顔的なマーメイドストリート

 

 

チューダー様式とジョージアン様式の

 

建物が入り混じって

 

一層かわいい雰囲気を醸し出してる気がします。

 

 

 

ただ散歩してるだけで楽しい。

 

 

昔ながらのイギリスがここにあるんだな、

 

と感慨深いものがあります。

 

 

あと、ライはアンティークでも定評があり、

 

川の近くに、アンティーク店が並ぶ通りもあります。

 

 

試しに1つ1つ回って

 

入ってみたんですけど

 

実に魅力的!!

 

 

ただ、既にかなりスーツケースがパンパンなので

 

掘り出し物を見つけても、

 

控えめにせざるをえなく。。。

 

 

今度は手ぶらに近い状態で来なくては(笑)

 

 

雨上がりに大きな虹がかかったのも

 

とても印象的!

 

 

またまた大好きな町が1つ増えました。

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 17:35 | - | - |
移動

はい、ごきげんよう!

 

 

カンタベリーを出て

 

イーストサセックス州の町、

 

「ライ」 にやってきました。

 

 

日本では、ほぼ無名ながらも

 

“イギリス人が最も行きたい町”

 

に挙げられることがある、

 

隠れた名所。

 

 

どんな町なのか、楽しみです!

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

| 団長 | イギリス遠征 | 17:45 | - | - |
カンタベリー、2000年の歴史

はい、ごきげんよう!

 

 

2000年の歴史のある町、

 

カンタベリー。

 

 

英文学の父こと、

 

チョーサーの

 

『カンタベリー物語』は

 

世界的に有名。

 

完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫)

完訳 カンタベリー物語〈上〉 (岩波文庫)

 

 

町の顔は、世界遺産の

 

カンタベリー大聖堂。

 

 

壮大なるゴシック建築で

 

圧倒されます。

 

 

町もかなり活気があり、

 

にぎやか。

 

 

しかし、並ぶ家々はチューダー様式、

 

中世を思わせるものばかりで

 

非常に心惹かれます。

 

ストゥアー川を行く遊覧船もあります。

 

 

また、アンティークなどの

 

ユニークな店も多く、

 

つい足が止まります。

 

 

この家にも、びっくり!

 

 

玄関のドアが斜めです(笑)

 

家もズレてますけど、

 

中に入ると、ほとんど気になりません。

 

ちなみに、古本屋さんです。

 

ここだけでも何時間も楽しめますね。

 

 

カンタベリー城跡、

 

ロイヤル博物館&美術館、

 

人々が安らぐ公園もあり、

 

期待以上に素晴らしい!

 

 

何度でも訪れたくなるお気に入りの町が、

 

また1つ増えました。

 

 

 

では、今日もステキな一日になりますように・・・

 

| 団長 | イギリス遠征 | 17:25 | - | - |


    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>

 ●団長の最新刊!

「団長読書教室」

 ●ブログの感想などはコチラからどうぞ
profilephoto
 ●団長公式FC「WBワンダーランド」





このページの先頭へ